« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月20日 (火曜日)

ハミングライフ

2週間ぶりです。お久しぶり。
住民検診のバイトは先週の木曜に無事終わったんですが、ネットの方は間が開いちゃうとなかなか再開するタイミングが難しいというか、気持ちがノラないというか、ついだらだらと放置しておりました。よく長期間お休みされてるサイト様がいらっしゃいますが、気持ちはよーく分かる。そりゃ日々の暮らしが忙しかったりするのもあるけれど、あんまり現実生活に浸かっていると、( もうネットなんていいじゃん ) という気になってくるんですよね。ワタシの場合は ( どうせ楽しみにしてくれてる人なんていやしないし・・・) とマイナス思考にも陥ったりして。まぁまたぼちぼちやって行きますね。



B.G.M 「 VISTA / GOING UNDER GROUND 」

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月曜日)

受けポジ

ピアノのレッスン第111回目。
毎週火曜日がレッスン日なんだけど、明日からバイトが始まるので、今日に変更して貰った。ここ数日義父を預かっていたおかげでロクに練習出来なかったのだけど、先生と一緒に鍵盤に向かいながら徐々にまたモチベーションを高めていく。今の上達具合では果たして8月の発表会に間に合うのかどうか分からないけど(限りなく無理っぽい)、なんとか頑張ろうと思う。何はともあれ、楽譜どおりに拍子を取ることとペダルを踏むことが最大の難関だな。


今日も末っ子は下校後に友達が押しかけてきてTVゲーム三昧だった。
ついにワタシの堪忍袋の緒も切れる。「いつもいつもウチで遊ばないで、あんたも他所で遊んでおいで! ウチじゃもうTVゲームはさせんからね。」と宣言。末っ子もワタシの怒りの様相に「分かった」と了解。それもこれも、ワタシがいつまでも末っ子を猫可愛がりして積極的に外出させなかったのが原因なんだよね。昨今の犯罪や交通事故のニュースを見聞きするたびに、怖くて末っ子を一人で外出させられなかった。ゲームでも何でも、とりあえず目の届くところにいれば安心だった。だけど、もう潮時なんだろう、そんな親の勝手も。末っ子だってもう2年生なんだもの、少しづつ家から離れてたまにはイタズラの1つも経験しなきゃ大きくなれないよな。ワタシも耐えなきゃいけない。


夕方、寅がランニングを再開。
来年の2月に東京で行われる市民マラソン(http://www.tokyo42195.org/index.html)に参加するつもりらしい。まったく、いい年をしてどうしてこう次々に自分勝手な行動が取れるのかねぇ。何かするにしても「家族」という単位は頭にないらしい。まずは自分の欲求が優先される。まぁ、寅の性分については今に始まったことではないので、既に諦めの境地だな。とりあえずワタシに迷惑をかけなければいつでもどこでも勝手に羽ばたいてくれー、という感じ。そんな寅に巻き込まれて、子ども達もランニングに付き合わされることになった。部活で不在の長男は置いといて、次男と末っ子の受難が再び始まる。


夜はバスケ。
今夜は大人がワタシともう2人しか参加しなかったので、1時間半ほとんどお遊びのようなものだった。大人3人、小学校や中学校の話題でひとしきりおしゃべり。Kさんが聞いたところによると、小学校で集団万引きがあったという。この情報にはめちゃめちゃ驚かされた。こんな田舎の小さな小学校でそんな非行があったなんて。なんでも2人の子が「万引きしよう」と他6人を誘って行われたらしい。集団心理とはよく言ったものだよなぁ。帰宅して寅にそのことを話すと、すぐに子ども達に「友達から悪いことに誘われた時の回避の仕方」をくどくどと説いていた。ホントに、普段がノホホンとした子ども達だから、何かあるとすぐに影響を受けそうで心配だよ。




B.G.M 「FINE / 真心ブラザーズ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日曜日)

少しもさめていない

朝9時から自治体の清掃作業。
全市を挙げて路上クリーン大作戦ときた。毎年ウチの子ども会はこの日に便乗して清掃作業を行っていて、今年度の役員に当たっているワタシも次男・末っ子と一緒に参加。
1時間半かけて路上のゴミを収集。子どもはけっこう面白がって嬉々として火バサミで小さなゴミを拾ったけれど、ワタシは暑いうえに久々に長い距離を歩いてヘトヘトになってしまった。こういう作業をして毎回最も多いゴミはなんと言ってもタバコの吸殻なんだよね。まったく、喫煙者の意識の低さには呆れ果てる。


帰宅すると、ちょうど寅と長男も理髪店から帰って来たところだった。
昨日の練習試合で上級生の頭髪を見て、長男の髪の長さがどうも気になったので「散髪して来たら?」と勧めてみた。すると長男自身も思うところがあったようで、珍しく素直に従ってくれたという訳。ウチの中学は「坊主頭」にする規則もなく子ども達の好きにして構わないのだけど、サッカー部の上級生たちは、今年赴任してきたS先生(監督さん)に心酔して自発的にスポーツ刈りにしたらしい。ホント、昨日の練習試合の時も子ども達の立ち振る舞いが小学校のスポ少の時とは雲泥の差で素晴しかったので、ビックリした。やっぱり部活は指導者しだいだなぁとしみじみ。


午後から、義父を送り届けるついでに、墓参り。
丁寧に墓石を磨く義父に「墓石にお水をかけないんですか?」と尋ねると、「水をかけると墓石が汚くなって傷むから最近は水をかけないのが主流だ」と言われる。そんなもんなのか? そもそも墓石にお水をかけるのは、亡くなったご先祖様にお水を飲ませてあげる行為なんだとワタシは思ってきたのだけど、今は墓石のメンテナンスを重視するらしい。おまけに造花を供えるのにもすごく違和感を感じた。滅多に行けない離島のお墓ならともかく、折に触れ頻繁にお参りするんだから造花なんてご先祖さまは喜ばないと思うんだけど。・・・どうも、ご先祖様の気持ちよりも、子孫の都合優先なのが気になった。


義父を送り届ける。
義父が「上がってお茶でも飲んで行かんかね?」と言うが、寅は苦笑いで遠慮。と言うか、拒否。ホントにこの2泊3日の間、義父の言動には寅もワタシも参った。実の子の寅自身が「もう、うるさい!」と声を荒げる場面もあったほどなので、ワタシの我慢も相当だったと思う。昨年、義母が入院した際にウチで預かっていた間はこんなふうじゃなかったのになぁ。どんどん傍若無人になってってる気がする。それもこれもビールのせいというか、アルコールのおかげで気持ちが大きくなってるからなんだろう。耳が遠いので地声が大きく、入れ歯が合わないらしく発音も不明瞭。ワタシにとっては入れ歯以前に九州弁がよく分からないというのもあるんだけど。それでいて、話の内容はお金に絡むことばかり・・・。ホント、悪い人じゃないことは重々承知してるのだけど、一緒にいてとことん疲れる人だった。義母じゃないと義父のお守りは出来ないよ。


義父を送った後、物凄い開放感に浸りながら、スポーツ店に寄る。
長男のサッカー用品を買うため。子どもが小さい頃(100サイズくらい迄)は子供服のお店に行くのがワタシのストレス解消法だったのだけど、今じゃそれがスポーツ店に取って代わってしまった。いやぁ、ウレシイ悲鳴的目移り。スポーツ店でウエアや用品を見てるとすごくワクワクドキドキする。それは寅も同じ気持ちのようで、長男以上に目を輝かせて商品を物色している。結局、練習用のハーフパンツ2枚、ワンポイントTシャツ3枚、ストッキング2枚を長男、そして寅にもハーフパンツ。全てナイキを購入。まったく、何で寅まで?




B.G.M 「FINE / 真心ブラザーズ」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土曜日)

情熱と衝動

朝5時に起きて長男のお弁当作り。
長男は近隣の中学で終日練習試合。試合会場までの部員の送迎を今日はウチも手伝う約束になっていたので、出かけるまでに義父をはじめ皆に朝食も食べさせておく。7時過ぎに家を出る。ワタシは今日の会場に行くのは初めてだったので、他の父兄の車に必死で付いていった。早朝の田舎道を皆もう高速道路並みにとばすとばす。ワタシの車は軽乗用車なのに1年生が4人も乗って(?)、アクセルを踏んでも踏んでもスピードが出なかった。


2試合観戦し帰宅。9時半を回っていた。
おかげで、毎週楽しみに見ていた『機動警察パトレイバー』と『彩雲国物語』を初めて見逃す。がっくり・・・。黄奇人と紅黎深の遣り取りが見たかったのになー。実を言うと、ワタシは原作を読んだとき、この黄奇人が仮面を被っているのは、実は女性だからなのでは?と思っていたんだよね。それが秀麗の官吏登用の試験が認められることへの伏線になるのでは?と想像したこともあったのだけど・・・。まぁ逆ハーレムも嫌いじゃないからそれはそれで良いけどね。


ワタシが帰宅してしばらくして、義父も整形外科から帰宅。
義父はウチに来るたびに近所の整形外科のリハビリルームを利用している。まるで仕事に行くように、学校に通うように、義父にとって習慣化している。きっと、いくつになってもどこか決まった所に自分の居場所を作りたいんだろうなぁ。毎回病院へ行く前には20分くらい洗面所で鏡に向かっているし、洋服だって洒落たものを着込んで行く。パッと見はとても病院へ行かなくっちゃいけない病人じゃない。こういう年寄りをたくさん抱えてるから、病院は儲かるんだろうな。(←どこからこの医療費は出るのか) 


午後から、義父を留守番して貰って、4人でレンタル屋さんへ。
寅は『キング・コング』、次男は『ザスーラ』、末っ子は『ワンピース 7thシーズン』の3~4巻、そしてワタシはCDを6枚レンタル。すると、カウンターのおねーちゃんがレジに打ち込むのをミスったらしく、新作も込みで全て1週間レンタルとして処理してしまった。あいにくカウンター前にはお客が長蛇の列だったので、訂正する時間が惜しかったのか「こちらのミスなので、1週間レンタルして下さって結構です。」と言う。うそー!そんないい加減なことして大丈夫なのか? 実際、伝表には1週間レンタルと表示されてたので、素直に「ラッキー!」と喜ぶことにした。それにしてもあのおねーちゃん、バイト代から差っぴかれないと良いけど。


夕方、今度は寅に長男の迎えに行って貰う。
寅の車なら8人乗りなので、ワタシの軽乗用車よりは多く乗せられるし、何よりワタシには夕飯の支度という任務もあった。(義父がいると気忙しい) 6時過ぎに帰宅。そのまま長男は塾へ。長男がいないあいだに『キング・コング』のDVDを見た。スゴイ。たかが美女と野獣の娯楽映画をここまで哀しいグロテスクな物語に作り変えてしまうなんて。ヒロインがひときわ清廉で美しかった。




B.G.M 「FINE /真心ブラザーズ」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金曜日)

太陽の翼

朝5時に起きて、次男と末っ子のお弁当を作る。
二人ともバス旅行のため。行き先はそれぞれ異なるけれど、何故か共に海を越えた隣の県へ。ワタシ達の頃は4年生というと県庁に行ったものだけどなぁ。末っ子は動物園。マイコプラズマで運動会に参加できなかったことはそうでもなかったけれど、もしバス旅行に行けなかったとしたらとてもショックだったと思う、とは末っ子のコメント。


午後から、来週のバイトの説明会へ。
仕事は自治体が行う総合検診のスタッフってことで、どんなことをさせられるのかは説明会で指示されることになっていた。説明会は保健センターで行われたのだけど、ワタシのようなバイトが他に11人来ていて、その半分以上が昨年からの経験者だった。おかげで、すでに「知り合いの輪」が出来上がっていて、ワタシのような新参者はしばし大人しく待機。


説明会で、ワタシの割り当てられた部署が判明。基本検診の身体測定らしい。
二人一組で身長・体重を測定し、問診表に記入していく。注意事項としては酷い肥満の人にチェックを入れることと、腰が曲がって身長計で測れないお年寄りはメジャーを使うこと。メジャーで計るたっていったい・・・? 仕事自体はとても簡単なものだけれど、どのくらいの人数を捌くのかが不安。目も回るほど忙しかったらコワいなぁ。


説明会終了後、スーパーに寄って買い物。
今夜は義父が泊まりに来ることになっているので、お刺身くらい買っておこうかな、と。
3時半過ぎに帰宅すると、次男と末っ子がバス旅行から帰宅していた。義父ももう到着していたらしいけれど、近所の整形外科にリハビリに行ったらしい。すぐに夕食の準備に取り掛かる。


夕方、6時半には義父も一緒に夕飯。
ホントは寅の帰宅を待ちたかったのだけど、仕事で遅くなると連絡があったので、先に頂く。7時半には長男を塾へ。今夜またMステに山下クンが出演していたので、先週見られなかった分もしっかり見た。ホントに彰は可愛いなぁ。途中で修二も乱入してきて俄然盛り上がる。ワタシにとって亀梨くんはやっぱり修二のまんまだ。


10時には就寝。(義父がいて) 居間で本が読めないので、寝室で読もうと思ったのだけど、布団に入った瞬間に夢の中だった。
どうでもいいけど、義父は寅よりもビールを飲む量が多いよ・・・。




B.G.M 「24時/サニーデイ・サービス」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木曜日)

ゆらめき IN THE AIR

今月から少し語調を改めてみようかと思います。(気まぐれ)
と言うのも、自分の日記を読み返してみて、なんか文章が自分勝手というか分かり難いというか読み難いというか、もうちょっとどうにかならないのかー?と感じたからです。
まぁいつまで続くか分かりませんが、たとえ日記と言えども最低でも一人は自分という読者がいるわけですから、もうちょっと読者(自分?)が読み易い文章を心掛けてみようかとか思います。それにしても、ワタシがですます調を使うと、ふざけてるようにしか見えないのは気のせいなのかな。


最近、どうも時間の使い方がいつにも増して下手なので、もうちょっと有意義な1日をおくれないものか、特に皆が出払った後の午前中こそ大事に過ごしたい、と思っているのですが、思うばかりで結局のところ、あっという間にお昼になってしまいます。今日も、一応朝の片付けを済ませてコーヒーを飲んでいるところに、自治会で同じ班のYさんが回覧板を届けに来てくれました。そしてつい玄関先で話し込んでしまい、気がついたら1時間経過・・・。Yさんの娘さんとウチの長男がクラスメートってこともあって、最初は中学校の様子から話が始まり、やがて子どもの同級生のお母さんの恋愛話へ。そして最後は定番の嫁姑のあれこれまで。あんなに長く話し込むんなら、最初からYさんに家の中に上がって貰えばよかった。(それじゃ1時間で終わらないよ)


夕方、次男と末っ子と3人で買い物へ。
明日のバス旅行に備えてお弁当の材料やオヤツを買うため。ワタシは普段生協で食料品を買っているので、スーパーに行く機会は少ない方だと思います。特に夕方のスーパーは知人に会う可能性が非常に高いので危険地帯。しかし今日ばかりは子ども達が一緒に行かなくては意味が無いので、観念して行くことにしました。案の定、スーパーには明日に備えて買い物に来たお母さん方がうじょうじょ。野菜のコーナーで挨拶をし、精肉のコーナーでバカ話をし、乳製品のところでお礼を言う、そんな感じで40分もかかってしまいました。終いには子ども達から「はーやーくー」とブーイングを浴びる始末。だからワタシは夕方のスーパーなんか来たくなかったのに。


ところが、買い物から帰ったら、ちょうど長男も帰宅してきて、「今日センセーから、明日はベルトをして来い、って言われた。」と言うではありませんか。ベルト?制服のズボンのベルト・・・? そういえば今日から夏服に換わったので、ズボンとシャツだけになったのでした。入学してからずっとベルトをしてなかったけれど、学ランがあったので目立たなかったようです。「ベルトって絶対にしないといけんの?」と訪ねると、「そうらしい。」と長男。どうも男の子の制服のことがよく分かってなかったワタシは、仕方なく制服を購入した洋品店に長男を連れて行き、学生用のベルトを購入しました。こんなことなら制服を予約注文した時にお店の人が教えてくれれば良かったのに。・・・ってそんなことは常識の範疇だったのか?


***

やっぱり似合わないのでヤメます>ですます調




B>G.M 「Aloha Polydor /Fishmans 」


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »