2006年10月 4日 (水曜日)

久しぶりにバックナンバーを読んでいたら、わずか2~3年の間に、随分と自分の文章が変わっていることに気付いた。どういう心境の変化で変わったのか自分自身よく覚えてないのだけど、とにかく「若い」んだよね、そこはかとなく。今読むと、こっ恥ずかしいというか、自分の面の皮の厚さに呆れるというか。よくもまぁこんなこと書いていたよなー、という感じ。ホント、過去を残すことは良し悪しだな。(苦笑)


一昨日、ちょっとへこむことがあって、頭の中がぐるぐる回ったまま。
まったく、夫婦生活というのは、カードゲームのようだと、つくづく思う。
それとも、双六か。
なんで、穏やかに1コマづつ進んで行けないのかなぁ。
どうして、いきなり降って湧いたような展開に陥ってしまうのか。

と、こんなところで愚痴ってみる。
はぁー、しんどい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木曜日)

夏休み中

毎年、夏休み中は、更新が途絶えがちになってしまうので、今年は、ブログ1本に絞って、細く長く記録し続けることに決めました。42日間 (すでに数日が経過したけれど) だけ、 はてなダイアリーに日記を移します。あちらは、携帯からの更新も出来るよう手続きしているし、本や映画などの画像も簡単に差し込めるので。良かったら、どうぞあちらへもいらしてくださいね。

 はてなダイアリー  『空の色ににている』  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金曜日)

夜の散歩をしないかね

ココログのメンテナンスは、昨日のうちに無事終わったらしい。
予定よりも早く済むなんて、ニフティにしては珍しい。これから更新作業を進めてみて、果たしてこれまでよりもサクサク快適に使えるかどうかどうか・・・。まぁ、ニフティもプロバイダーの老舗だし、今後も企業努力に努めて欲しいモンです。


夕飯抜きのダイエットは、その後10日間経過して、2kg減量から動きがない。
やっぱり食事を減らすだけじゃダメなんだよなぁ、運動もしないと。そうは分かっちゃいるけれど、この暑さでランニングもやる気が起きない。来年春の東京マラソン2007に出場するとか息巻いている寅自身が毎日のランニングをサボってるくらいだから、ワタシなんかが走る気が起きるハズもない。あぁダイエットって難しい・・・。


検査入院から退院してきた父は、さっそくもう畑仕事に出ている。
住民検診で不整脈がひっかかったくらいなんだから、もうちょっと養生すれば良いのに、と思うけれど、どうにもじっとしていられない性分なんだろう。せっかく「今年の夏はスイカで勝負する」と、50本の苗を植えて張り切っていたのに、先日からの長雨が花の時期に重なってしまったらしい。畑に出て来てもスイカに付きっ切りにしている。どうか神様、働き者の父のために、少しでもたくさんのスイカを実らせてやって下さい。


さて、明日からは夏休みの前哨戦の3連休。
初日は自治会の夏祭りで、ワタシは子ども会の役員として子ども神輿が練り歩くのを管理監督しなくちゃならない。次男もお神輿の担ぎ手の一人。雨にならないと良いけどなぁ。長男は朝から隣市でサッカーの試合。留守番は寅と末っ子の二人きりなんだけど、きっと不経済にも昼間っからエアコンかけて家の中でごろごろするに決まっている。(寅ときたら夏のボーナスの中から小遣いに渡した5万円を10日も経たない内に使い込み、ただいま金欠病)


清志郎が喉頭がんで入院したらしい。
・・・神様はなんて残酷なんだろう。歌うことを、全身全霊を掛けて歌うことを生業にしている清志郎から歌を取り上げるなんて。どうか、声帯の切除という最悪の事態だけは避けられますように。今はただ1日も早く治療を終えてキヨシローが戻って来てくれるよう祈るのみ。再び「歌う」清志郎に会えますように・・・。




B.G.M 「シングル・マン/ RCサクセション」


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火曜日)

ココログのメンテ

ココログの調子が最悪だと思ってたら、ニフティさん、長期のメンテに入るらしい。

   2006年7月11日(火)14:00~7月13日(木)14:00の約48時間

ここのところ、更新しようにもイライラするほど時間がかかっていたし(管理ページを開くだけで5分以上かかる)、今も既にかなり重たい状態なので、しばらくは日記の更新を「はてな」の方で行います。良かったらいらして下さい。

   はてなダイアリー  『空の色ににている』  

はてなの登録してない方もコメントを入れられるよう設定してますので、どうぞお気軽にツッコミんでやって下さい。とりあえず、1日も早くココログのメンテが無事に終わって、現状が改善されることを待ってマス。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金曜日)

サマタイム

6月ごろから、ココログの管理ページが絶望的に重い。
かつてのブログのトップページが表示され難かったりレイアウトが崩れたりの問題は解決したというのに、何で今頃になってニフティはこんなにもメンテに梃子摺ってるんだろう。管理ページの重さは夜間になるほど酷くなり、普通ネットを回っていて5秒も表示に手間取るようなページならさっさと飛ばしてしまうワタシにとって、ココログはストレス以上のなにものでもない。管理ページだけでなく、ブログページのコメント欄も似たようなもので、こうなると訪問者にとっても迷惑な話だと思われる。


世界で一番パパが好き!レンタルしていたDVD『世界で一番パパが好き!』を見る。
ニューヨークで広告代理店マンとして華々しく暮らしていた主人公が、妻を出産のせいで亡くし職も失い、故郷に戻って親父と一緒に生まれたばかりの赤ん坊を育てていく、という話。まぁストーリー的にはベタな展開で、ハッピーエンド。やたら下ネタが出てくるので子どもと一緒に見ると気まずい雰囲気にはなりそうだけど。とりあえず、娘役のラクエル・カストロが滅法可愛らしい。ダコタ・ファニングなんか目じゃない。こんな娘が自分の娘だった世の親父達はメロメロになっちゃうだろうな。それにしても、子どもが主要キャラの映画って、どうしてこう物語の山場にステージを持ってくるんだろう。『アバウト・ア・ボーイ』『飛ぶ教室』『ラブ・アクチュアリー』、ちょっと異なるけど『いまを生きる』『スクール・オブ・ロック』とか。ステージ場面て映画の中にも観客がいて、ある種の「サクラ現象」を引き起こしてくれるのかもしれない。




B.G.M 「旅/キセル」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木曜日)

俺たちの旅

今朝はポルトガル vs フランス戦でお目覚め。
ワタシが応援すると負けてしまうというマーフィーの法則があるみたいで、残念ながらポルトガルが敗けた。いくら過去のデータからフランス優位という下馬評だったとしてもかなり期待してたんだけどなぁ。残念でならない。お目当てのヌーノ・ゴメスもついに1度も試合に出ることもなかったし・・・。こうしてまた世界も世代交代していくんだろう。それにしてもフィーゴとジダンってあんな抱擁で二人だけの世界に行っちゃって、ついあらぬ妄想をしてしまいそうだったよ。(不謹慎でスミマセン)


MUSA-武士- 午前中、借りていたDVD『MUSA-武士-』を見た。
正直言うと、チョン・ウソン目当てでした!(えへへ)
でもね、そんな不純な動機で見たワタシの気持ちも変わるほど、かなり見応えのある作品だったんだよね。血の苦手なワタシには辛いシーンも多くて ( 戦闘シーンがリアル過ぎる ) 目を覆う時間帯も多々あったけれど、何より心理描写が素晴しかった。明の姫君(チャン・ツィイー)を巡って将軍や奴隷(チョン・ウソン)・敵将が入り乱れて好きだ嫌いだのの愛憎物にならなかったところが良かった。視線だけで気持ちが十分に伝わるというか言葉や態度は必要なくて、あくまでもストイックな男達の物語に仕上がっていた。もちろんチョン・ウソンは惚れ惚れするほど漢前だったけれど、ワタシは見方側の弓の名手と、モンゴルの敵将も好きだったなぁ。とにかく、ラストの砦での戦闘シーンは圧巻だった。ディズニーは『ムーラン』の実写版をチャン・ツィイーで撮るらしいけど、是非シャン隊長はチョン・ウソンでお願いしたい。


今夜は、GOING UNDER GROUNDの初武道館ライブが行われた。もちろんワタシは参戦できなかったけれど、GOING ON LINE(ケータイサイトのメルマガ)で、無事成功したことを知る。素生くんたら感極まって「ハミングライフ」で泣いたらしい。良かったねぇ。最近のGOING~は素生くんよりも丈さんの方が前面に出てこれまでとカラーが変わりつつあるけれど、それもまたワタシは良い傾向だと思っている。ただどうか核分裂しないで、いろんな化学反応は繰り返しながらも1つの強固な塊になって欲しい。GOING~にはいつまでも大好きなバンドでいて欲しい。


NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』を見た。
カーデザイナーの奥山清行というイタリア在住の男性を取材したもの。いやぁ、フィーゴも真っ青なほど旅芸人風の印象的なお顔をされた方でした。いまどき肩にセーターを羽織った着方がこれほど似合う方も珍しいのでは? カーデザイナーという仕事も、イタリア人に囲まれて最先端のアーティスティックな仕事をされてることも感嘆すべきことだったけど、最後の「プロフェッショナルとは?」という質問に対して、「今日のためじゃなく明日のために仕事が出来る人のこと。自分のためじゃなくて人のために仕事のできる人のこと」と答えられたのはシビレた。




B.G.M 「かよわきエナジー /GOING UNDER GROUND」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水曜日)

そこのアイロンに告ぐ

早朝、準決勝のイタリアvsドイツを観戦。
イタリアの鉄壁のデイフェンスに感嘆。そして、延長終了間際の奇跡。見てて鳥肌が立った。こんな試合しなきゃWCで勝ち残ることなんか出来ないんだよなぁ。日本代表とはまるでレベルが違う。オシム氏のいうとおり、日本はまさに「走る」ことから始めなきゃ。延長戦のあの時間帯に走って走って走れるイタリアの堅守と攻撃力をお手本に。


午前中、北朝鮮のテポドン発射の報道に気が滅入る。
あんなキチガイ国家の存在がどうして許されるんだろ。もしアメリカがイラクのように北朝鮮を攻撃するような最悪の事態に陥ったら日本も巻き込まれるのは必至。考えれば考えるほど不安が大きくなってくる。思えば13年前に長男を産んだとき、ちょうどロシアが、エリツィン大統領が議会から解任されたり反大統領派を戦車で攻撃したりの騒動が起こっていて、初めて赤ん坊を抱いたワタシはノイローゼになりそうなくらい不安を覚えたことがあった。あれは、初めて親になったことで我が子への過剰な防衛本能がそうさせたのかもしれない。今なら、遠いロシアのことでそれほど気を揉むようなことはないのにね。よほど北朝鮮の方が恐ろしいよ。


午後から、次男の音楽祭で市民館のホールへ。
同じ学区内の小学校3校と中学校1校とで合唱・合奏の音楽会。毎年小学校は4年生、中学校は3年生を中心に行われている。長男の時も感激したもんだったけど、今日の次男の演奏姿もひとしおだった。全部で3曲やったんだけど、エルガーの「威風堂々」の時は感極まって涙がだーだー出てしまったほど。どうしてあの曲ってこうも感極まるように聴こえるんだろうね。希望していた小太鼓はくじで負けて出来なかったけれど、鍵盤ハーモニカとリコーダーを頑張った次男。音楽会終了後にホールのエントランスで思い切り抱きしめてやった。


夕方子ども達が帰宅すると、すぐに『MAJOR』のDVDを見る。
ホント、我が家はただいま本田吾郎くんに占拠されっぱなし。1stシリーズしかまだレンタル屋さんに置いてないので、早く2ndシリーズも見たいんだけど。って、ワタシもすっかり中毒か? それにしても、魔球のない普通のスポ根と言いながらも、ありえないストーリー展開には正直苦笑することもある。30歳を過ぎてから投手から打者に転向して超一流になったり、デッドボールで死んだり、結婚してない女性が吾郎を引き取って育てたりと、突っ込みどころは満載なんだけど、それでもなお魅力的というか面白いんだよねー。寅がこの作品を見て「野球漫画も変わったなぁ。もう、甲子園やプロ野球どころじゃないんやなぁ。」と言ってた。




B.G.M 「はじめてのやのあきこ/ 矢野顕子」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火曜日)

サマーソルジャー

ピアノのレッスン第115回目。
6月末のレッスンの際に、8月の発表会に出るか出ないか決めた?と尋ねられ、考えた末に今年も出ないことにした。ワタシとしては1年間の練習の節目としても出たかったのだけど、6月の間にほとんど上達できなかったことが響いた。先生はまだ仕上がってない子もいるし、この1ヶ月間に猛練習すれば大丈夫だと思うよ、と言ってくれたけれど、今のワタシには寸暇を惜しんで猛練習する気力がない。週に2度も3度もレッスンを受けるのは時間的にも無理だし精神的にも負担だ。残念だけど、発表会用に練習している曲も、ワタシなりの完成を目指すだけのことになった。が、気落ちしたかと言うとそうでもなくて、今日のレッスンも今まで以上に熱心に受ける。何度も何度も躓いていた2つの小節をやっとクリアして、久々に清々しい喜びも味わう。それにしても、譜面どおりに弾くって難しい。


伊坂作品を読み倒そうと、『重力ピエロ』を読み始めて早5日間。
まだ半分しか読めていない。なんだか『砂漠』ほど面白くないんだよねぇ。何がダメかって、登場人物が生き生きしてないと言うか、キャラが立ってないと言うか。会話部分がまるでつまんない。評判は良い作品らしいので、もうちょっと頑張って読むことにしようっと。まだ本棚には伊坂作品が2冊待っている。いっそのこと、違う作品に浮気しちゃおうか。


今日からダイエットを始める。
ダイエットの基本は、食事制限と運動の2つ。運動はまぁぼちぼちやるとして(?)、とりあえず今日から夕飯を抜くことにした。毎年夏場になると暑さにやられて自然と体重が落ちるワタシも、今年は冷夏のせいかちっともその気配がなくて少々焦ってるんだよね。このまま夏休みに突入すればそれこそ海水浴だって出来ないぞー、という強迫観念に晒されて、自発的減量に踏み切る。目標は5kg落ち。いっそのこと、寅と一緒にランニングもしようかなぁ。ちなみに自分の中での痩身の基準は、結婚指輪がキツイかユルイかってこと。


ジュマンジ夜の読み聞かせに、末っ子のリクエストで久々に『ジュマンジ』を読む。末っ子と次男の息を呑むような真剣さが伝わってきて非常に快感。いつもこれくらい必死に聞いてくれたら読む甲斐もあるのに。ワタシも読みながら、つい映画の場面が浮かんできて、声色が演劇調になってしまった。モノトーンの精密な絵が、子ども達により一層のプレッシャーをかける。やっぱり『ジュマンジ』は名作だなぁ、とあらためて実感。




B.G.M 「Best Sky /サニーデイ・サービス」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月曜日)

いつのまにか晴れ

午前中、コーヒーを飲みながらのんびりWOWOWで『新しい私』というTV映画を見た。
しかしこれ、のんびり見るにはかなりシリアスで、結局しんどい思いをしながら2時間テレビの前に座り続けることになった。もし長年連れ添い子どもまで生した自分の連れ合いが実は性同一性障害で、もう我慢の限界だから本来のあるべき姿に戻りたいと言いだしたら・・・。主演は懐かしのジェシカ・ラング。すっかり老けてしまってたけど、年相応の美しさは感じられた。パッと見は往年の吉村真理って雰囲気か。
夫が「自分は女だ」と告白してからの家族の揺れる様を描いてあるのだけど、ワタシは正直、どんな人間だって何かしら我慢して生きているのだから、25年間も耐えてこれらものを何で今更・・・と夫の衝動に対して腹立たしい気持ちでいっぱいになった。性同一性障害は理解できても、この夫の行動は許せない。よくもまぁジェシカ・ラングは乗り越えられたと思う。(かなりの葛藤は描いてあったけど) 結局のところは、夫婦がお互いにどれほどの愛情と信頼を持ち得るかってことなんだろうな。もし仮に寅がこんなことを告白してきた場合、ワタシは「NO」を即答するだけだけど。


夕方は2週間ぶりのバスケ。
今日から新しいメンバー・Nさんが加わった。シュートフォームとか見てたらとても素人とは思えなくて、訊いたらやっぱり昔やってたんだって。基礎をきちんと身に付けている人ってどれほどブランクがあってもすぐに分かる。Nさんは長男さんがもう19歳らしいけれど、ワタシよりも年下にしか見えない。(年齢不詳) 今後は専属コーチ決定だな。


9時ごろ帰宅したら、いきなり『ヒデ・現役引退』のニュースが!
あまりに突然のことで驚くというよりも、信じられない気持ちでいっぱいになる。テレビニュースでヒデの過去の映像が次々に映し出され、若々しく、サッカーをプレイすることの喜びに満ち溢れていた表情を久しぶりに見た。ジーコジャパンの核となりチームを牽引していかなければならなかったこの4年間には見られなかったような表情を、以前はたくさんしてたんだねぇ。やっぱりヒデは同年代よりも、上の世代の中で遊ばせて貰ってるくらいの立ち位置が向いてたのかなぁ。寅は、ヒデの特異な存在のせいでジーコジャパンはまとまりのないチームになってしまった、って言うんだけど、じゃぁもしヒデを外したとしていったい誰がチームの中心になれてたんだろうか。そんなリーダーシップを持った選手って今回の代表メンバーにいた? 日本のサッカー界はとてつもなく大きな存在を失ってしまったのだと思う、本当に残念だけど。




B.G.M 「SUPER FOLK SONG /矢野顕子」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日曜日)

予感

午前中、寅は仕事、長男は部活でそれぞれ出かける。
次男と末っ子は散髪屋さんへ連れて行く。小学生2人で3600円也。もうこの理髪店には連れて来られないな。先日寅と長男が初めて行った安い理容室がまったく遜色ない技術だったので、これからはもう安いお店に替えようと思う。男の髪型なんて安い理容室で十分。 ( ワタシが美容院で毎回15000円かけていることは内緒 )


お昼過ぎに次男の運動靴を買いに近所の靴屋さんに行く。
次男は「マジックテープじゃなくて紐がいい」とだけ注文をつけ、あとはお任せ。3分で2足を選ぶ。お店のおばちゃんが「男の子はみやすいねぇ。」と笑った。


夕方、5人で回転すしへ。
ボーナス後の日曜ということもあってか大入り満員。30分近く並んで待たされる。店内は異常にクーラーが効いていて、長男でさえ「毛布が欲しい」と言っていた。仕方なく赤だし汁を注文して暖まる。今日の1番は寅。一人で11枚の皿を完食。2番は長男で8枚。ワタシは次男にも負けて5枚だった。この先どんどん寅もワタシも子ども達の完食の皿の数に敵わなくなってくんだろうな。


帰りにレンタル屋さんへ寄る。
寅は『Mの悲劇』にハマッているので、続きを借りた模様。子ども達は『メジャー』の4~5巻をレンタル。ワタシは古本コーナーで立ち読みして、帰り際に成田美名子の『NATURAL』を1~11巻まで購入。1冊50円という掘り出し物だったけれど、それもそのはず3巻が抜けていた。くそー。『花よりも花の如く』がとても気に入ったので、張り切って『NATURAL』に挑戦してみたけれど、読み始めてみるとどうも『花よりも~』ほど洗練されていない。うーん、現在6巻まで読み終えたところだけど、正直先に読み進むのが辛いな。


B.G.M 「オハナ百景/ohana」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

メモ | 日記 | 日記・コラム・つぶやき