« 『クエンティン・ハーター三世』 | トップページ | 『 白猫 』 »

2003年7月14日 (月)

『すてられたいぬ』


すてられたいぬ
  ■すてられたいぬ 
  カーチア・ゲーアマン 作  講談社
  バンサンの『アンジュール』の、その後と言えるかも。(笑)
  車から捨てられた犬が、新しい飼い主を見つけるまでの物語。
  絵は、どことなく井上洋介っぽいタッチ。
  太く大胆な線と、明るい色使い。
  途中、いろんな飼い主を紹介してもらう場面では、
  今のペット事情を皮肉っているようで面白い。
  読後感の心地よい作品。

|

« 『クエンティン・ハーター三世』 | トップページ | 『 白猫 』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6605/407662

この記事へのトラックバック一覧です: 『すてられたいぬ』:

« 『クエンティン・ハーター三世』 | トップページ | 『 白猫 』 »