« 『むしゃくしゃかぞく』 | トップページ | 『おふろ』 出久根 育 »

2003年10月20日 (月)

『私の船長さん』

私の船長さん  『私の船長さん』  M.G.ゴフスタイン 作  谷川俊太郎 訳

それにしても、なんと静かな絵本なんでしょう。
モノクロのシンプルな線画とわずかな文章しかないと言うのに、読みながら、気持ちがすうっと平らになっていくような感じがします。小さくて薄いカワイイ本だけど、街角の大型書店にあるような癒し系の絵本コーナーに、その他大勢の駄作と並べて置くにはあまりにも勿体無い一冊だと思います。
想像力に富んだ木製の小さな人形である彼女が窓わくの上のミニチュアの漁船に乗っているはずの船長とのロマンスを夢見る・・・。
一応お人形である主人公が夢見ているようなお話の体裁はとっていますが、読み手自身がロマンティックな夢に浸れる、かぐわしい作品だと思います。だって、「そしてわたしに結婚を申し込む。」という一文には、思わずハッと息を呑みましたもん。(笑)


うさぎのおるすばん
  『うさぎのおるすばん』  イ・ホベク 作  黒田福美 訳

最近また絵本ばかり読んで(眺めて)います。やっぱり、わたしのキホンは絵本だなあ。(笑)
で、ちょっと良いなって思って手に取った一冊がこれ。韓国絵本です。平凡社って韓国の絵本に力を入れてますよねえ。良いけど、訳者に黒田福美を持ってくるって発想は止めて欲しかった。まあ、それはこの際置いといて、と。(苦笑)
絵がねえ、良いんですよ、これ。ほんとに好き。日常生活をまるでスケッチ風にシンプルな線と色で描いて、時折、色をたっぷり使った丹精な絵も挟んでます。もっともっとこの絵を見たいって思えるような、飽きのこない絵です。おはなしも良いです。主人公のうさぎって子どもの視点なんですよね。つい一緒になって家の中でいたずら(冒険?)してる気分になれます。それにしても、チョゴリ姿のウサギが凄く良いです。このページだけでも飾っておきたいくらい。

|

« 『むしゃくしゃかぞく』 | トップページ | 『おふろ』 出久根 育 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6605/398977

この記事へのトラックバック一覧です: 『私の船長さん』:

« 『むしゃくしゃかぞく』 | トップページ | 『おふろ』 出久根 育 »