« 『風の星』  新宮 晋  | トップページ | おぼえていろよ おおきな木 »

2004年4月22日 (木)

『学校ウサギをつかまえろ』


学校ウサギをつかまえろ
岡田 淳 さく・え   偕成社
童話館のぶっくくらぶで『小さいりんご』コースの配本で届いた本です。『小さいりんご』コースというのは一応9~10才向け。数日前から寝る前の読み聞かせで1章づつ読んできて(我慢できずに2章読んだ日もありましたが)、昨夜とうとう読み終えました。

いやぁ、本当に面白かった。言葉、挿画、物語の展開、こんなにワクワクしながら読めた児童書って、もしかして初めてかもしれない。物語は単純明快、学校の飼育小屋から抜け出した一匹のウサギを小学4年生の子たちが捕まえるまでのとびきりシンプルなものなんですが、これが驚くほどとびっきりの冒険物語なんですよね。この物語を読むと、UFOや妖精や地下洞窟といったファンタジックな装置なんて、特別何も必要ないんじゃないかって思えてきます。ごく普通の日常生活の中でこれだけの冒険が描けるんですから。

この物語の最大の魅力は、登場人物の一人一人がとても具体的にイキイキと息づいていること。主人公の恭をはじめ、誰一人キャラクターが被ることなく、この子だったらきっとこう動くだろう、こう喋るだろうという、いい意味で読者を裏切らない。っていうか、これだけそれぞれの性格付けが完成されていたら、むしろ作者の手を離れて、登場人物たちが勝手に動いてくれたんじゃないかっていうくらいのリアルさがあります。
そして、作中唯一の大人である工事現場のお兄さん。この男がまたいい奴なんですよねえ。若いのに、これぞ「大人」の鏡、ってな奴です。わたしたち大人は、こうありたいな、って思えるような人。
こうしてみると、登場人物といい、織り込まれるエピソードの一つ一つといい、展開といい、本当に見事にがっちりと組み合わさって物語が出来上がっています。何一つ無駄がないし、シンプルだし、それでいて最高のものができている凄さ。作者の岡田 淳さんの筆力にただただ脱帽。

我が家は童話館で配本して貰うようになってから今年で11年目になり、そろそろ退会しようかと思ってたんだけど、こうした良質の児童書を紹介して貰えるのなら、やっぱりもうちょっと続けてみようと、前言撤回。(笑)

|

« 『風の星』  新宮 晋  | トップページ | おぼえていろよ おおきな木 »

コメント

さかさん、コメントありがとうございます~。
さかさんがブログを始められたの、しっかりチェック済みでしたよぉ。(^m^)
リストに加えて下さったこと、ありがとうございます。
わたしもさっそくさかさんのブログをぶっくまーくさせて貰いますね。
実はね、わたしもこの「ブログ」ってヤツにイマイチ馴染めないでいるのョ。(小さな声で)
トラックバック機能とか、もっと活用できればその面白さも分かってくるのかもしれないけど、
なにより、レイアウトが好きになれないせいかも。(以下強制終了・・・笑)
おかげで、本宅の日記はeverydiaryから離れられまへ~ん。

>絵本の情報、
わたしなんかよりよほどさかさんの方が詳しいじゃないですか~。
わたしこそ、さかさんを頼りにさせて貰ってるんだからネv

投稿: 志生野 | 2004年4月24日 (土) 07:52

志生野さん、こんにちは。
童話館のブッククラブを利用されてらっしゃるんですね~。
私は最近、子どもの本を新しく買うことがなくりつつあるし、いま持っている本のほとんどが子どもの本の定番といわれる作品ばかりなので、いつも志生野さんの情報をとても楽しみにしています。^^

ところで私も今までの日記を移してブログを始めました。
それで断り無しこちらをListに入れさせていただきました。
もしご都合が悪ければすぐ削除しますのでお知らせ下さい。
でも始めたばかりでこういうのも変ですが、もしかしてこれは性に合ってないかも・・・と思ったりしています。笑

投稿: さか | 2004年4月23日 (金) 13:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6605/477311

この記事へのトラックバック一覧です: 『学校ウサギをつかまえろ』:

« 『風の星』  新宮 晋  | トップページ | おぼえていろよ おおきな木 »