« 『夏のかんむり』 片山令子 | トップページ | ねえだっこして »

2004年7月21日 (水)

『あの夏』  ガブリエル・バンサン


あの夏
四季の中で、夏というのは、何故か「死」の影が纏わる。
あれだけ多くの生き物が枯れたように眠ってしまう冬や、感傷的に色付いて行く秋でさえ、「死」はさほど似合うとは思えない。命のあらん限り鳴き続ける蝉や、燃えるように咲く沿道のカンナ、日差しの強さゆえの深い影。そうした夏にしかあらわれないものを拾い集めていくとき、「生命の濃さ」を感じないではいられないのだ。濃いみどり。濃い空気。濃い季節。まるで放物線の頂上を極めた刹那のごとく。そしてその「濃い生命」と背中合わせに在るのが「死」だと思えてならない。それは決して忌むべきものではなく、やがて全てのものに訪れる命の陰り。夏はそんな「死」をその季節の濃さの中に内包している気がする。

アーネストとセレスティーヌの二人にとって大切な人であるガズーの命のともし火が消えかかっている夏、二人はガズーとどんなふうに思い出を紡いでいくのか・・・。

夏の濃い空気を纏った悲しみの物語。
死の間際にいるガズーにさえ、セレスティーヌの愛情をめぐって嫉妬してしまうアーネストの煩悩ぶりにリアリティを感じる。人の欲というのは、とことん悲しいものだ。
バンサンの描く線を見ていると、太い線のところには強い意思が宿っているように見える。それは例えば、アーネストの大きな背中や掌なんかに。絵本で、これだけ「背中」が描かれた作品って、他にあったっけ?

|

« 『夏のかんむり』 片山令子 | トップページ | ねえだっこして »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6605/1017798

この記事へのトラックバック一覧です: 『あの夏』  ガブリエル・バンサン:

« 『夏のかんむり』 片山令子 | トップページ | ねえだっこして »