« 2004年7月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月27日 (土)

『おいかけて』 

おいかけてこどものとも年少版11月号 『おいかけて』
中脇初枝 文  田中清代 絵

中脇初枝というお名前から、そしてこの作品を読んでみて、きっとずっとずっと年配の方なのだろうと勝手に想像しておりました。なんとまだお若い方でびっくり。写真を見ると感性の豊かそうな美しい目をした女性です。年少版ということもあってか文字は極力少なく、文字だけ追ってみると姉弟の影も形もありません。ほとんどが清代さんの絵によるところが大きい作品と言えるかも。清代さんは中脇さんのこの短い文章から、如何にして姉弟の物語に仕立てていったのか、その製作の過程が大いに気になるところです。やっぱり中脇さんと清代さんお二人面と向かって話し合って決められたのか。それとも中脇さんのわずか数行の文章からこれだけの世界を清代さん一人で考えられたのか。そんなことを想像しながら読むとまた、また違った面から作品を味わうことが出来て面白い。

清代さんおなじみの少し日焼けた紙のような風合いに、お宮の境内や繋がれた牛、天日干しの稲など、ノスタルジックな素材が銅版画で柔らかく描かれています。銅版画って線が細くて神経質なイメージがするものだけど、清代さんの絵は本当に柔らかい。黒猫をおいかけて、草むらの暗やみに迷い込んでいったページでは、清代さんのお好きなルース・ブラウンを思い出しました。この「みうしなったら」のぺーじがこの作品の1番の見どころかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年11月22日 (月)

ねえだっこして

ねえ だっこして『ねえだっこして』 竹下文子 文   田中清代 絵
清代さんの銅版画の魅力に溢れた大判の絵本。紙の風合いがいいんだよね。ちょうど日のあたる場所に置きっ放しにして日焼けて変色してしまったような感じ。新しい作品なのにノスタルジックな雰囲気なのは、この紙質によるところが大きいと思う。ページをめくると、大判一枚一枚にゆーったりと、猫、お母さん、赤ちゃんが大写しで描かれている。絵が大きいおかげで、作品の中を流れる時間も大らかに伸びやかに感じる。背景や小物はあえて細かに描かれていないないけれど、その分、お母さんのふっくらとした腕、膝、赤ちゃんの手足のくびれ、猫のヒゲ、毛並みなどは、体温が伝わってくるほど濃く描かれていると思う。猫の拗ねた表情やお母さんのアルカイックスマイルなど、清代さんにしてはユーモア&捻った味付けがないけれど、竹下さんの文章にはこれで良いのだと思う。発売と同時に購入していたのに、今頃の感想アップになってしまった。でも年内に間に合ってよかった。

それにしても、これはお母さんを取られて赤ちゃんにヤキモチをやく兄姉の気持ちを代弁した絵本だと勝手に思い込んでたんだけど、ネットで他の方の感想を読んでたら、猫好きな人には猫の気持ちを代弁した猫絵本だと言う人もいて、いろんな読み方が出来るものだなあと関心した。

(11月26日 修正)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年12月 »