« 『おいかけて』  | トップページ | 『てんさらばさら てんさらばさら』 »

2004年12月10日 (金)

『つくも神』 伊藤遊

つくも神伊藤遊さんの新刊。決して多作な作家さんじゃないけれど、その分、1作1作が練り込まれ丁寧に作られている。まさに職人気質な作家さんだと思う。例えるなら、流行り廃りに無関係な、後世に残る仕事をする「宮大工」のような存在とでも言うべきか。

前作の『ユウキ』同様に現代がまた舞台なんだけど、この作品は単なる「現代もの」ではなく、過去と現在、人と物、マンションと土蔵、子どもと大人、そういった相対するものが巧く絡み合っている。思春期に差し掛かった中学生の兄、団地内での立ち位置の微妙な母、友達5人組の中に真実の友情をなかなか見出せない主人公のほのか、建替えで揺れるマンション内。そういう現実的な問題をリアルに描写しながら、決して違和感なく、「異形のモノ」が登場人物たちの生活線上に現れてくる。読者は伊藤さんの物語の巧みさにどんどん惹き込まれていくのだ。

わたしも、大切に使ってきた「物」は、いつかは「なる」ものだと思う。使う人の気持ちが何らかの結晶となって「物」に残らぬわけが無い。想いはいつか「なる」のだ。ネツケもショウキさまもフロシキもキセルも、そういう意味ではなんといとおしい存在なのだろう。

正直なところ、この物語を読み始めたとき、語尾の「です・ます」調がどうも子供向けって感じで(実際、児童書なんだけど)気に入らなかったし、挿画も漫画チックで安っぽいなあなどとマイナス要素が気になったのだけど、読み進むうちに、ストーリー以外のことはどうでもよくなってしまった。特にネツケの挿画は、この岡本順さんしかいないと思えるほど気に入った。表紙絵の黄色い学童傘を大事に抱えるネツケの姿は、この物語を読んだ人ならきっと、撫でてやりたいくらいいとおしいと思うはず。

|

« 『おいかけて』  | トップページ | 『てんさらばさら てんさらばさら』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6605/2222375

この記事へのトラックバック一覧です: 『つくも神』 伊藤遊:

« 『おいかけて』  | トップページ | 『てんさらばさら てんさらばさら』 »