« でてこいミルク! | トップページ | 「すてきなよるに」 »

2005年4月28日 (木)

オオカミと石のスープ

オオカミと石のスープアナイス・ヴォージュラード 作・絵     平岡敦 訳
もし、『この穴の中は決して見てはいけません』『このドアは決して開けてはいけません』と禁止されちゃったら!? 逆に、覗いて見たくてたまらなくなるのが人情ってモンですよね。(笑) この絵本は、まさにそんな人間の心理を逆手に取った作品です。
正方形に近い大型絵本の表紙に、何やら怪しげな眼をしたオオカミが1匹。この眼は絶対危ない!と読者だって確信してるし、メンドリのおかみさんだって解っている。解ってはいるけれど、そこは『怖いもの見たさ』の好奇心が優先してしまい「本物のオオカミって見たこと無かったし・・・。」とおかみさんはドアを開けてしまう!!(ここは妙に共感できる)
オオカミは『石のスープ』を作ってやると言うけれど、『石のスープ』っていったい何?本当にそんなスープがあるの?オオカミは本当にスープを作る気があるの?もうその様子を見ているメンドリのおかみさんも、わたし達読者も、「きっとこのまま普通のスープが出来るわけがない!何かが起きるに違いない!」と固ずを飲んで見守ります。ドキドキ・ハラハラ・・・。
この作品って、一種、演劇の舞台を見てる雰囲気がある。お芝居に仕立てたら、面白いんじゃないかなぁ。
それにしても、この登場人物(動物)達の、一癖も二癖もありそうな目付きったら!

|

« でてこいミルク! | トップページ | 「すてきなよるに」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6605/3961872

この記事へのトラックバック一覧です: オオカミと石のスープ:

« でてこいミルク! | トップページ | 「すてきなよるに」 »