« 「バレエをおどりたかった馬」 | トップページ | 『おたまじゃくしのたまーら』 »

2005年5月13日 (金)

「うたうしじみ」

うたうしじみ児島なおみ 作
年寄りの魔女がある日、夕食に食べようとしじみを買って来ました。砂を吐かせるためにボールに水をはっていれておくと、ボールの中からプチプチ・ゴソゴソ音がしてきました。見ると、しじみたちがそれは気持ち良さそうにいびきをかきながら眠っています。その安心しきった様子に、魔女はつい可哀相になって食べるのを止しました。あくる晩、しじみたちが騒ぎ出したので、魔女が理由を尋ねると、しじみたちは海へ帰りたくてたまらないというのです。海までかなりの距離があるために汽車に乗らなければ行けません。その上魔女は貧乏で汽車賃が出せませんでした。そこで汽車賃を稼ぐ為に、魔女が思いついたのは・・・。
未晒しの、少し黄ばんだような紙に、えんぴつ1本(のように見える)で、細い線で丹念に描かれたイラスト。素っ気無いほどさらりとしたスマートさと、にじみ出るユーモア。そのアンバランスさが、この絵本をとてもセンス溢れるものにしています。ページの中に所狭しを描き込まれた魔女の家のインテリアや小物たちも、まるでファッション雑誌の切り抜きみたいにオシャレで女性好みなのに、決して甘さはありません。か細い線ですが、丹念に描き込まれた真面目さが、場面をきりりと引き締めているのです。また、キャラクターの設定も、年を取って角が取れ丸くなってきた魔女といい、関西弁を話す 現実主義のネコといい、歌うのがしじみといい、ちょっとシニカルで、且つユニークです。特に、わたしはネコのトラジがお気に入り。しじみを食べようと2晩も待ったあげくに情が移って食べられなくなってしまい、魔女にむかって「わしらはアホや」と言う台詞が大好きです。これは、絶対に名台詞!(笑)
作者の児島なおみさんは、幼少時代と大学生活をアメリカで過ごされたそうで、日本人離れしたセンスも、その経験から生まれているのかもしれないですね。

*2005年4月に偕成社より復刊されました。

|

« 「バレエをおどりたかった馬」 | トップページ | 『おたまじゃくしのたまーら』 »

コメント

リブロポート→偕成社って、
「偕成社っていいヤツじゃん」って感じです。
この調子で復刊して欲しい作品は数々あれど・・・。

「うたうしじみ」、ステキな作品ですよねー。

投稿: 志生野 | 2005年5月14日 (土) 09:21

これが復刊になったことを知りませんでした。

日本人で、こういうの書く人がいるんだなあ、と、読んだ当時思ったものです。

投稿: iseya | 2005年5月13日 (金) 20:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6605/4107810

この記事へのトラックバック一覧です: 「うたうしじみ」:

« 「バレエをおどりたかった馬」 | トップページ | 『おたまじゃくしのたまーら』 »