« ツィン!ツィン!ツィン! おたのしみのはじまりはじまり | トップページ | 『チョコレート工場の秘密』 »

2005年6月12日 (日)

つきにでかけたおんなのこ

つきにでかけたおんなのこLa petite fille dans la luma (1998)
ジェラール・フランカン/作   堀江敏幸/訳   フレーベル館

主人公の女の子は、いつでもどこでも、「心ここにあらず」状態で、家族はそれを「お月さまに出かけている」と言ってからかいます。パパもママもお姉ちゃんも弟も、女の子のことを言いたい放題。ある日、ついに女の子は頭にきて、本当にお月さまに家出してしまいました。お月さまは女の子にとって、この上ない居心地の良い場所でした。家族たちの心配を他所に、月での暮らしを楽しむ女の子。月に住む不思議な人々とも仲良く遊び、まるで退屈しませんでした。ところが、ある日、満月が家の前を通った時に、パパとママの元気の無い様子を見てしまったのです。女の子は、とうとう決心しました・・・。

最初にこの絵本を図書館で手に取った時、「この絵、好き!!」と直感的に思いました。いわゆる一目惚れです。筆の跡が残る厚みのある塗り方と、しっとりした色使い。特に多用されている肌色は、まるで本物の「白人の女の子の頬」のように瑞々しく透き通っています。
さて、絵には一目惚れのこの作品。読んでみて、気にかかったことがありました。それはこの女の子には名前が無いということです。お姉ちゃんや弟には名前があるのに、いったいそれは何を意味しているのでしょうか。
それから、女の子の着ぐるみのような服装と月の不思議な住人たち・・・。この2つのキーワードに、わたしはセンダックの『かいじゅうたちのいるところ』を連想しました。『かいじゅうたち…』のマックスも、着ぐるみのような服を着て、ママから遠くはなれた場所へ行って、かいじゅうたちと楽しく過ごしていました。しかし、マックスの場合、ママのことが少しばかり恋しくなって帰途に付くのですが、この女の子はそうではありません。家族がかわいそうだから、自分は我慢して戻る決心をしたのです。そこがなんとも釈然としないラストになってしまう原因なんですが、せめて、戻ったあとの女の子が、家族を愛し愛されて幸せになることを祈らずにはいられません。

|

« ツィン!ツィン!ツィン! おたのしみのはじまりはじまり | トップページ | 『チョコレート工場の秘密』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6605/4521402

この記事へのトラックバック一覧です: つきにでかけたおんなのこ:

« ツィン!ツィン!ツィン! おたのしみのはじまりはじまり | トップページ | 『チョコレート工場の秘密』 »