« つきにでかけたおんなのこ | トップページ | おじいちゃんがおばけになったわけ »

2005年7月 2日 (土)

『チョコレート工場の秘密』

チョコレート工場の秘密ロアルド・ダール/作   クエンティン・ブレイク /絵
優等生の読書感想文なら、《 チャーリーは貧しくてもお利口だったので、ワンカさんの大チョコレート工場を貰うことが出来ました。あんな大工場を貰えて、チャーリーが羨ましいです。 》なーんてことを書かなくっちゃいけないんだろうな。もっとも、黄金切符が当るまでのチャーリー(バケツ一家)の極貧ぶりは凄まじかったし、あのままだったら家族7人いずれ飢え死にしていたのは間違いない。そういう状況下でのワンカ氏の申し出は、天の助けに他ならないのだけれど、だからと言って果たして諸手を挙げて喜んで良いんだろうか。

わたしは正直、この物語が怖かった。黄金切符が当った5人の子ども達のうち、4人までがとてつもない酷い目に遭う。チョコレートの川に落ちた挙句にガラス製の管に吸い込まれたり、全身ブルーベリーになって除ジュース機で絞られたり、焼却炉に続くダストシュートに落とされたり、電波状に分解されて3センチほどの小人にされてしまったり。クエンティン・ブレイクがすっ呆けた挿画を添えているので漫画っぽく面白おかしく読めるけれども、一歩間違えればホラーにも成りかねない。

おまけにワンカ氏は、酷い目に遭った4人の子ども達を自己責任とばかりに冷たい扱いをする。ウンパッパ・ルンパッパ人たちも奴隷同然。住むところを奪っておいて工場で働かせ、人体実験にまで用いる。工場で作っているお菓子だって、ワンカ氏の好奇心の産物ばかりで、決して世の子ども達のために作っているわけではない。考えれば考えるほど、このワンカ氏という男は不気味な存在なのだ。

ところがチャーリーは、そんなワンカ氏の従順な跡継ぎとして白羽の矢が当ったことを大喜びする。ここが解せない。ホントにこんな工場が欲しいのか? ほんとにワンカ氏の跡継ぎなんかになりたいのか? ウチの子たちは3人とも口を揃えて「いやだ」と言ってたよ。40年前の子ども達なら大喜びしたんだろうか。実際に、この作品はどんなふうに読んだら正しいんだろう? (正しい読み方なんてあり得ないのを解かって言ってみる) わたしの希望としては、チャーリーには、この巨大な工場を手に入れたあかつきにはワンカ氏を排除するくらいの野心を持って欲しいよ。

もうじき映画も公開されるが、この物語がどんなふうに解釈されたのか、じっくり観てみたい。


|

« つきにでかけたおんなのこ | トップページ | おじいちゃんがおばけになったわけ »

コメント

しまにゃんさん、TB&コメント、どうもありがとう!
『チャーリーとチョコレート工場』、観て来られたんですねー。
ウチも家族で行くつもりにしてるんだけど、
なかなか日にちが決まらないんですよ。(^^;

ワタシはジョニデが見たいという不純な動機なのに(笑)、
子ども達は作品そのものが物凄く楽しみみたい。
自分たちが読んで貰った物語がどんなふうに
映像化されるのか楽しみにしてるんだろうね。
(TVのCMの度に食入るように見てるのよ)

観に行ったらまた感想のお話、させて下さいねー。

投稿: 志生野 | 2005年9月15日 (木) 11:12

トラックバックさせてもらいました。
新作の「チャーリーと・・・」最高に面白かったよ。
今、かなり人気作品になっているみたいです。
余裕を持っていったのに、結局1回後の上映まで待たされちゃった。
土日は毎回満席だったみたいですよ。。。すごいね。

投稿: しまにゃん | 2005年9月14日 (水) 23:49

いやいや、フォローしてくれてありがとうネ。
でも、自分でも解かっているのよ、
随分と捻くれた読み方をしてしまったなーって。(笑)
もっとストレートにさかさんと甥っ子くんのように楽しんで読めば良かった。
勿体無いことをしてしまったよー。(.>_<)

その分、映画の方で楽しもうと思います。
ジョニデのワンカ氏、マイケルを真似してるんだってね。
どんなワンカ氏なんだろう!?(わくわく)

投稿: 志生野 | 2005年8月27日 (土) 16:35

いえいえ、志生野さんさすがに深いなぁ~と感心しましたよ。
私は単純だから、甥っ子と一緒になって「チョコレートの川泳ぎたい」とか言って笑ってただけですもん。^^;
この物語が笑ってるだけじゃすまないと思えるということは、それだけ「大人」だということだと思いますよ。
じゃ、私って・・・。( ̄д ̄)

投稿: さか | 2005年8月25日 (木) 14:07

さかさん、TB、ありがとう~。
誰が削除なんかするもんですか、もったいない。(笑)
「月のしずく」、これからも楽しみに読ませてもらいますね。

それにしても、ワタシの『チョコレート工場の秘密』の感想、シュールでした?(やっぱり穿ち過ぎだよねぇ・・・。)

投稿: 志生野 | 2005年8月25日 (木) 02:36

志生野さん、こんにちは!
性懲りもなく、また子どもの本ブログを始めてしまいました。^^;
これからは単純に、子どもの本を楽しみたいと思ってます。
またいろいろと参考にさせて下さいね!

TB、もしご迷惑でしたら削除して下さいね。^^

投稿: さか | 2005年8月24日 (水) 14:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6605/4797262

この記事へのトラックバック一覧です: 『チョコレート工場の秘密』:

» チョコレート工場の秘密 [月のしずく http://moondrops.jugem.jp/]
チョコレート工場の秘密 R・ダール, Q・ブレイク, 柳瀬 尚紀  人が出入りするところを誰も見たことないのに、工場の煙突からはモクモクと煙があがり、町中にチョコレートの美味しそうな香りが漂っています。  世界一美味しいチョコレートを作るウィリー・ワンカ氏のチョコレート工場は謎だらけ。  そこへチョコレートの中に入っている黄金切符を当てた人5名が工場に招待されることになり、世界中が大騒ぎ。  貧しい生活を余儀なくされている男の子チャーリーは、誕生日に家族が買ってくれたワンカの板チョ... [続きを読む]

受信: 2005年8月24日 (水) 14:39

» チャーリーとチョコレート工場 [ジンライムとチョコレート]
ティム・バートン監督の「チャーリーとチョコレート工場」最高☆ ジョニーディップ大好きな私には、この作品は、文句なしの5つ☆! 原作「チョコレート工場の秘密」は昔、ざっと読んだだけで細部の表現などは 忘れてしまったけれど、かなりシュールで、子供向きとは思えない作品ですね。 志生野さんの所に詳しく書いてあって、「そうそう!そうだったわ」と 同じような感想を持っている事を嬉しく感じました。 ジョニーディップ主役でやる、と聞き、昔にそう言えば映画になってた、 とレンタルで探して予習。。... [続きを読む]

受信: 2005年9月14日 (水) 23:46

« つきにでかけたおんなのこ | トップページ | おじいちゃんがおばけになったわけ »