« やまなしもぎ | トップページ | 終わらない夜 »

2005年9月29日 (木)

つるばら村のくるみさん

つるばら村のくるみさん茂市 久美子/作  中村 悦子/絵
次男の国語の教科書 ( 東京書籍 ) に「ゆうすげ村の小さな旅館」という単元があり、1学期によく音読の宿題で次男が読んでいました。他人から本を読んでもらう機会の少ないワタシにとって、子どもの音読の宿題は密かな楽しみの1つなのですが、この「ゆうすげ村~」は、 《 小さな旅館を営むつぼみさんのもとにお手伝いに来てくれた人は、実は・・・ 》 という、どことなく安房直子の『うぐいす』を彷彿とさせる印象的な物語でした。それで機会があれば茂市さんの他の物語も読んでみたいなあと思ってたのですが、図書館にずらりと並んでましたよ、「つるばら村」というこれまたステキなシリーズが。

つるばら村でくるみさんが営むパン屋さん「三日月屋」は最近売り上げが落ちていました。どうやらライバル店がオープンしたようです。ライバル店の様子を気にするくるみさん。ところがたぬきの兄弟と立ち話をしたときに話題に登った「プリンパン」のことでヒントを貰ったくるみさんは再び自身の原点を見つめなおします。すると・・・

本当はこのシリーズの初っ端は『つるばら村のパン屋さん』なのですが、知らずに3作目であるこの本を先に読んでしまいました。でもそれも良かったみたい。作者の茂市さんも巻末で 《 シリーズ3作目ということで、お年頃のくるみさんにそろそろ良いお相手を 》 と語っておられますが、くるみさんにも気になる男性が登場します。ちょっと「天然」気味なくるみさんがこれを「恋」に変えるまではまだだいぶ時間がかかりそうですが、それもまたシリーズを読んでいく楽しみになりました。
キャラメルで作るプリンパン、雲のアルコール、ヒマラヤの岩塩、白樺の樹液シロップ、黒豆あんパン、そしてライ麦パンのサンドイッチ。くるみさんが作るパンのレシピの数々は本当に美味しそう。読みながらお腹の虫も鳴ってきます。しかしこの物語の魅力はそれだけじゃありません。くるみさんの三日月屋さんに懸ける情熱こそが、このシリーズを支えている柱だと思うのです。いかなる時も企業努力を怠らないくるみさん。レシピこそ空想のものが使われることがありますが、くるみさんの「仕事」への姿勢は決して子供だましじゃありません。時に厳しく、時に利益を度外視して、本当にパン屋さんという仕事を生きがいにしているのだなあと、その情熱をまるで我が事のように見守りたくなってくるんですよね。
中村悦子さんの挿画も物語の大きな魅力の1つです。ワタシは中村さんの絵を見るたびにアーディゾーニを思い出します。質素で控えめで穏やかで、それでいてロマンティックで。くるみさんの良きパートナーである猫のニボシがお店番をする表紙絵は、木製の額に入れて飾ったらどんなにステキだろうと思うのです。
さて、次に図書館に行ったら必ず残りのシリーズ本を借りて来なくっちゃ。

|

« やまなしもぎ | トップページ | 終わらない夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6605/6169639

この記事へのトラックバック一覧です: つるばら村のくるみさん:

« やまなしもぎ | トップページ | 終わらない夜 »