« ケルトとローマの息子 | トップページ | わたしのおふねマギーB »

2005年11月29日 (火)

プーヤ・ライモンディ

たくさんのふしぎ 2005年8月号「プーヤ・ライモンディ」野村哲也 文・写真
たくさんのふしぎ 2005年8月号  福音館書店

ペルーのアンデスの山中に、100年にいちどだけ咲く、プーヤという花があるという。その花を求めてでかけた写真家が、4,000メートルを超す高地で出会った少女アンの家は、なんと、プーヤでできていました。大きな木があたりにないため、プーヤは生活になくてはならない植物だったのです。写真家と少女の家族の心温まる交流の物語。  《 福音館書店解説文より 》

最初は、「100年に1度しか咲かない花」というプーヤへの好奇心から読み始めたんですが、それがいつの間にか、アンデス山中の暮らしぶりの方へ感心が移って行ってました。4000メートルもの高地で、現代のワタシ達からすれば「ほとんど何も無い」ような暮らしを営むアルビーノさん一家。そしてそんな彼らの中にするりと入り込んでいく写真家の中村哲也氏。彼の文章を読みながらいつの間にか思い出していたのは故・星野道夫さんでした。もしかして星野さんに影響を受けて写真家になったのかなぁ・・・。
ワタシが中村さんに好感を持ったくだりは、

見知らぬ家に泊めてもらうとき、ぼくがいつも心がけていることがある。だされた食事は、残さす食べること。食後の洗い物は、かならず自分ですること。

郷に入っては郷に従えという相手を尊重する心は、日本人・外国人に関係なく人間同士の基本のように思う。写真に添えられた文章も淡々としているのに温かい。きっと中村さんも星野さん同様に素敵な写真家さんなんだろうな。これからの活躍にとっても期待してます!
垢を日焼け止めクリーム代わりにするアンデスの人々がいかに乾燥した場所で暮らしているか、中村さんの写真からもその乾いた空気が伝わってくるようです。アルビーノさん一家の顔写真がそれぞれにホントに味わい深い。氷河のトンネルはまるで近未来映画のセットみたい。それにしても、プーヤって「花」というよりも「木」「樹」みたいだよなぁ。いや、むしろサボテン? 1つ1つの花は小さくて可愛らしいけれど、プーヤとしての形状はあまりロマンティックなもんじゃないのがちょっと残念。


|

« ケルトとローマの息子 | トップページ | わたしのおふねマギーB »

コメント

aopuさん、はじめまして。
お立ち寄り下さってありがとうございます。
野村哲也さん、ワタシもその後ネットを彷徨っているときに
星野さんと関わりのある方だと知りました。
でも残念なことに、出版された本の何冊かが
星野さんのご遺族から指摘を受けて絶版になったようですね。

野村さんはまだお若いし、
この『プーヤ・ライモンディ』のような素晴らしい本も作ってこられてるし
きっとまた素敵な写真と文章を見せて下さると信じています。
そうそう、この「プーヤ~」の次の号の「たくさんのふしぎ2005年9月号」の
『ノースウッズの森で』も、星野さんの匂いのする若い写真家さんでしたよ。
星野さんの魂はこの先もずっと受け継がれていくんだなーって思いました。

投稿: 志生野 | 2006年2月13日 (月) 09:54

初めまして♪TBさせていただきました。

この雑誌の特集、良かったですよね。
そして、同じところに感動されていたので驚きました。
アンのご家族の暮らしぶりに、心惹かれるものがありましたよね。
野村哲也さん、調べてみるとやはり、星野道夫さんとお知り合いだったみたいです。

星野道夫さんが亡くなられて残念だったのですが、
こんな風に想いを受け継いでおられる方がいるとわかって、なんだか嬉しかったです(^^)

投稿: aopu | 2006年2月12日 (日) 21:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6605/7377393

この記事へのトラックバック一覧です: プーヤ・ライモンディ:

» 100年にいちど咲く花 [A Little Polestar]
子供向けに発刊されている『たくさんのふしぎ』という雑誌がある。 先日図書館で、去年の8月号が目に付いた。 「プーヤ・ライモンディ 〜100年にいちど咲く花〜」 という特集だった。 ... [続きを読む]

受信: 2006年2月12日 (日) 21:21

« ケルトとローマの息子 | トップページ | わたしのおふねマギーB »