« プーヤ・ライモンディ | トップページ | ながいながいかみのおひめさま »

2006年2月16日 (木)

わたしのおふねマギーB

わたしのおふねマギーBアイリーン・ハース 作  内田莉莎子 訳
クェンティン・ブレイクの『みどりの船』の感想を書いてたら、どうしてもこの絵本の感想も書いておきたくなりました。2つの作品に共通するのは「船」。どうして絵本にはこうも「船」が似合うんでしょうか。 それも「空想の船」が。鉄道や飛行機、自動車といった数ある乗り物の中で最もロマンティックなのが船だと思うんです。なにしろこの気忙しい時代において船ほど時間を気にせず旅できるものはありません。ある意味、とても贅沢な乗り物だと言えます。また、道路や線路・滑走路といった人口の道の上も走らない。水の上という自然任せなところも想像を駆り立てられる。そんなわけで、船繋がりのマギーBを久々に開いてみたのでした。

これは おねがいが かなった おはなしです。

あーなんてウットリするような書き出し! 物語の最初にいきなりこの1行が飛び込んでくるんですよ。ホントに堪らないです。これはもう内田莉莎子さんの訳の素晴らしさとも言えます。まるでオルゴールの蓋を開けたような煌びやかな始まり方。あとはもう、ハースの魔法に従って夢の航海に連れ出して貰うのみ。たとえ途中で嵐が来ようとも、それすら期待の内です。

ハースの絵本の何が素晴らしいって、やっぱり「絵」に尽きますよね。スモーキーな水彩画で細部までロマンティックな小物が描き込まれ、とにかく愛らしい。絵本好きな女の子でハースの絵が苦手って人は滅多に(ほとんど?)いないんじゃないでしょうか。表情豊かな子ども達の柔らかい仕草がまるで音楽を奏でるように読み手に語りかけてきます。江國香織さんじゃないけれど、いったんこの絵本を開くと、閉じるのがせつなくなります。

ハースには関係ないのですが、船の上にミカンの木を植えていたり、サウスバードに似た九官鳥が描かれていたりと、もしかして『ワンピース』を描くにあたって尾田っちはこの絵本を見たのかな?などとちょっと想像してしまいました。

|

« プーヤ・ライモンディ | トップページ | ながいながいかみのおひめさま »

コメント

フラニーさんが名前を挙げて下さったおかげで
久々にワタシも『カーリーおばさん~』を本棚から出してみました。
そーですよね、ハースの作品の中ではこちらも大好き。
そして、なんとなく『みどりの船』にも通じてますよね。
フラニーさんが感想を書かれるならワタシも書いてみようかな。

そうそう、『カーリーおばさん~』は何年か前に
PRECIOUS BOOKSさんで購入したんですよ。
フラニーさんのブックマークにPRECIOUS BOOKSさんが入ってたので
とっても嬉しかったで~す。(^^)

投稿: 志生野 | 2006年4月29日 (土) 07:25

このお話もさることながら、わたしは「カーリーおばさん・・」
がとても好きなのです。
「みどりの船」と同様、夏のむせかえるような匂いを感じる
お話で、背表紙が白く退色してしまっているけれど、大事な
大事な一冊です。
暑くなってきたら、ぜひ書きたいなぁと思っています!
うっれしいなァ。

投稿: フラニー | 2006年4月29日 (土) 00:02

えほんうるふさん、こんにちは。初めまして。
昨年の6月くらいに、何かの本を検索していてそちらに辿り着き、
ご挨拶もせずに、リンクだけはしっかりさせて貰ってました。
こうして、えほんうるふさんの方から先に声をかけていただいて
大変恐縮しています。(^^;)ゞ
これを機に、今後ともよろしくお付き合い下さいね。

ワタシはこの作品の何が好きって、「マギーB」という名前に勝るものはアリマセン。
「マギーB」「マギーB」と声に出してみると、
本当に、ロマンティックな響きがします。(^m^)

ハースの作品は、どれを取っても素敵なものが揃ってますよね。
「カーリーおばさんのふしぎなにわ」なんかも大好きです。

投稿: 志生野 | 2006年3月15日 (水) 12:15

こんにちは。えほんうるふと申します。こちらにコメントするのは初めてだと思うのですが、なぜか初めましてだという気がしません。私の思い違いでしょうか?

ほんとにこの絵本は女の子の巣作り本能を刺激しますね。私は家事能力のないダメ主婦なので、マギーの華麗なるハウスキーパーぶりに憧れてしまいます。何よりも食いしん坊の私はマギーの手料理の描写にうっとりです(笑)。

投稿: えほんうるふ | 2006年3月14日 (火) 18:09

白っぽい「マギーB」って、なんとなく想像できます。(^m^)
元々が色鮮やかな絵じゃないですもんね。
どっちかというと、あの煤けた風合いもマギーBの魅力だったりしますよね。

ウチのは数年前に福音館が増刷した時に買ったんですが、
また品切れになってるみたいですね。
ハースの作品はどれも珠玉なのになぁ~。

投稿: 志生野 | 2006年2月20日 (月) 08:45

私が勤めていた図書館のこの絵本はとっても古くって、表紙の背景の色が日焼けであせていて、だからもっと白っぽい絵なのです。

なんだか鮮やかに色味のあるマギーBがとっても不思議!鮮やかな絵で、また読みたいな!

投稿: iseya | 2006年2月18日 (土) 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6605/8689266

この記事へのトラックバック一覧です: わたしのおふねマギーB:

» 船上のカリスマ主婦 [オトナノトモ]
わたしのおふねマギーBアイリーン ハース Irene Haas うちだ りさこ福音館書店 1976-07by G-Tools カリスマ主婦が政治家になるご時世だが、行き着くところまで行ってしまった彼女たちはもう「主婦にとってのカリスマ」とは言えない存在になっている。なぜなら、専業・兼業に..... [続きを読む]

受信: 2006年3月14日 (火) 18:14

« プーヤ・ライモンディ | トップページ | ながいながいかみのおひめさま »