« わたしのおふねマギーB | トップページ

2006年4月14日 (金)

ながいながいかみのおひめさま

ながいながいかみのおひめさまコーミラー・ラーオーテ 文  ヴァンダナー・ビシュト 絵
木坂 涼 訳   アートン

むかし あるところに 長い長い黒髪のパリニータというお姫さまがいました。ご両親の王様やお后様にとっても娘の黒髪は自慢の髪であり、毎日100人もの召使が彼女の髪を梳かしオイルを塗り、花や宝石で飾り立てました。ところが、その黒髪が重くてパリニータ姫は長く歩くことが叶いませんでした。いつもお城の窓から遠くの山々を見つめるだけでした。そうして姫の18才の誕生日が近付いて来ました。誕生日の前の晩に開かれた祝いのパーティーで王様は姫に、「お客の中から、1番勇敢で1番お金持ちで1番素敵な王子様と結婚するのだ。」と言いました。そこでパリニータ姫は・・・。

「うわー、ついにここまで来たかー」ってのが読後の印象です。
私達世代の女性にとって「プリンセス物語」というのは、どれだけ紆余曲折があっても結局のところ最後の最後で愛する王子様が現れてお姫さまを幸せにしてくれるものだったんですが、この絵本はとうとうそんな次元をも軽やかに超えて行ってしまいました。こうしてみるとホントに目からウロコです。どうして私達はあんなにも「王子様」や「幸せな結婚」に拘らなければならなかったのか。パリニータのように道はいくらでもあったのに。

あとがきで、訳者の木坂涼さんが《・・・この絵本は不思議な魅力にあふれています。書きだすといくつもあるのですが、一つに絞るとしたら、お姫様が途中のページからいなくなってしまうことでしょうか。普通、絵本の主人公は最後の最後まで絵の中にいますよね?ところが途中から、お姫様が消えてしまいます。・・・》という面白い着目点で語られていますが、その珍しい手法さえも暗示的に思えるんです。私達はいくらでも物語の主人公を降りることが出来る。それさえも決して難しいことではない、と。ラプンツェルも、パリニータくらい突き抜けた生き方を選ぶことが出来ていたら、また違った物語を紡げていたのに、と思わされます。

インドの絵本作家さんだけあって、絵もエキゾチックで魅力的です。細部にわたって描き込まれたパリニータの髪のなんと美しいことか。線だけで、こうも艶やかに輝いた髪を表現できるものなんだなーと感嘆。パリニータが消えてしまった後のページも絵の魅力が最後まで薄まらないところも素晴らしいです。

|

« わたしのおふねマギーB | トップページ

コメント

フラニーさん、びっくり。
今ちょうどフラニーさんのところで記事を見つけて
コメントを残してきたところなんですよ。
もしかしてワタシ達、同時に訪問し合ってたみたいですね。(^^)

TBもありがとうございます~。


投稿: 志生野 | 2006年5月20日 (土) 12:08

こんにちは。ようやくこの絵本について書いてみようと思ったのですが・・・志生野さんの新鮮な切り口が素晴らしくて、こちらにさじを投げさせてもらいました!(へへ・・・すごい他力本願)
TBさせてくださいね。

投稿: フラニー | 2006年5月20日 (土) 11:52

やっぱり、好きなものが似てると、最初は遠く離れてても
知らないうちに引き寄せられてしまうものかも知れませんね。
ワタシがフラニーさんと出会えたのも、きっと・・・。

『みどりの船』、
実はワタシは「The Green Ship」を立ち上げて5年経つんですが
「みどりの船」は好き過ぎてなかなか感想を書けなかったんですよー。
つい最近になってようやくupしたと言うていたらく。
ワタシは「空の色ににている」というブログもやってるんですが
そちらのカテゴリーにも [絵本] があるので、
よろしかったらご覧になってみて下さい。
『みどりの船』はそちらに入れています。
(あちこちに書き散らかしてて、整理下手がバレますね)

投稿: 志生野 | 2006年4月29日 (土) 06:45

そうでしたか!遊びに来ていただいていたとは
なんだか気恥ずかしいです~・・・。
細々誰にも言わずにはじめたブログだったので、
こんなふうに、好きな絵本を通してつながって
いけるのが、不思議・・・かつ、とてもうれしいです。
「みどりの船」夏には書きたいお話ですが、
好きをことばにするのは、なかなか難しいですね。
また、おじゃましますねー。

投稿: フラニー | 2006年4月28日 (金) 23:52

フラニーさん、初めまして。
お立ち寄り下さってありがとうございます。
そして、びっくりしています!
実は、何かの本の検索で偶然そちらに辿り着いて以来、サイト名にご縁を感じて、こっそりお気に入りに入れて巡回しておりました。(ご挨拶もしないでご免なさい~)
こんなことってあるんですねー。
なんだかまるで片思いの相手に突然話しかけられたみたいにドキドキしていますョ。
声をかけていただいて本当にウレシイです。
これを機会に、これからもよろしくお付き合いくださいね。


『ながいながいかみのおひめさま』、
フラニーさんもチェック済みでしたか。
やっぱり絵本を選ぶ好みが似てますね、ワタシ達。(^m^)
木坂涼さんが訳者だと安心して読めますね。
とっても好きな訳者さんです。

投稿: 志生野 | 2006年4月28日 (金) 15:31

こんばんは。はじめておじゃましています。
こうめさんのところでお見かけして、立ち寄らせて
いただけば・・・TOPにこの絵本!
わたしもつい先日、美しさとお話のおもしろさに
ひかれて、買い求めたばかりでした。
いつ書こうかな~と思っていたところですが、志生野さんの
素敵なレビューで満足してしまいました(笑)

管理人サイトにThe Green Ship とあって、とても(勝手に)
親近感がわいてます。
「うたうしじみ」も「マギーB」もそのほかたくさん!
好きが重なっています。
また、ゆっくりおじゃましますね。

投稿: フラニー | 2006年4月27日 (木) 22:38

こうめさん、こんにちは!
昨日、ようやくネット復旧しました~。(^^)
お返事を大変お待たせしてしまって、本当に御免なさい。
そして、コメントを繋げて下さってありがとうございます!
読後の感想まで寄せて下さって、とってもウレシイです。
1冊の絵本を挟んで、互いの感じたことを話し合えるって
とってもステキですよねー。

パリニータ姫も気に入っていただいたようで、良かったです!
こうめさんの記事にリンクして下さるというお話、
まだ間に合うようでしたら、どうぞよろしくお願いします!
(随分とお待たせしてしまいましたものね・・・汗)

こうめさんとこれからもいろんなお話が出来たらなーと思います。
ワタシも後で寄らせて貰いますね♪

投稿: 志生野 | 2006年4月27日 (木) 15:54

こんにちは。
今日、図書館にこの絵本をとりにいってきました。
なかなかの人気で、貸し出し中のところも、多かったです。

で、やっぱり、おもしろいお話でしたー
あたらしいお姫様ですね。
2ヶ月ぶりに更新したくなってしまった理由、
わかる気がしました。

わたしも、この絵本のことを書いてみたいなとおもったのですが、
もし書いたら、記事の中に志生野さんの記事へのリンクをつけてもいいですか?
こちらで見て、読んでみたくなりました・・って。
わたしは、なかなか、こんな風に上手に、伝えられないので・・
どうぞお願いします!

投稿: こうめ | 2006年4月22日 (土) 16:34

こうめさん、こんにちは。初めまして。
せっかくコメント下さったのに、
お返事がすっかり遅くなってしまってゴメンなさい。

実は家のパソコンが、先週の土曜から使えないのです。
それで、今日はもう我慢できなくて、
隣町の図書館のパソコンを使わせて貰いに来ました。(汗)

ほんとにタイミングが悪くて申し訳ないです。
パソコンは、予定では来週には使えるようになる筈なので
こうめさんのところへも、またあらためてお邪魔させて頂きますね。
これを機会に、ぜひこれからもよろしくお付き合い下さい。(^^)


『ながいながいかみのおひめさま』、
とっても素敵な作品ですので、ぜひ手にとってご覧になってみて下さいね。

投稿: 志生野 | 2006年4月18日 (火) 11:39

こんにちは、はじめまして。
こうめともうします☆

1ヶ月くらい前に、どなたかのページから偶然こちらにきて、
ならんでいる本がとてもすてきだなー・・
と思い、ひそかに更新をたのしみにしていました。

今日、新しい本が紹介されていたので、
とってもうれしー
この絵本は、初めて見たのですが、
絵も美しく、紹介文も興味深く、手に取ってみたくなります。
あらすじでは、途中までは普通(?)のお姫様物語みたいですが・・
どうなるんだろ・・

とりとめないコメントになってしまいました。
また、あそびに来させてもらって、いいですか?
ではでは。

投稿: こうめ | 2006年4月16日 (日) 11:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6605/9588162

この記事へのトラックバック一覧です: ながいながいかみのおひめさま:

» 『ながいながいかみのおひめさま』 [みどりの船]
  コーミラー・ラーオーテ・文/ヴァンダナー・ビシュト・絵     木坂涼 訳   アートン これは、(これも!?)一目見て気に入ったお話です。 最近アジア、アフリカ絵本シリーズで、続々と興味深い お話を、いろんな手法の絵で出版しているアートンから。 お姫さま物語です。 むかし あるところに、ながいながい くろかみの パリニータという おひめさまが いました... [続きを読む]

受信: 2006年5月20日 (土) 11:47

« わたしのおふねマギーB | トップページ