2005年4月28日 (木)

オオカミと石のスープ

オオカミと石のスープアナイス・ヴォージュラード 作・絵     平岡敦 訳
もし、『この穴の中は決して見てはいけません』『このドアは決して開けてはいけません』と禁止されちゃったら!? 逆に、覗いて見たくてたまらなくなるのが人情ってモンですよね。(笑) この絵本は、まさにそんな人間の心理を逆手に取った作品です。
正方形に近い大型絵本の表紙に、何やら怪しげな眼をしたオオカミが1匹。この眼は絶対危ない!と読者だって確信してるし、メンドリのおかみさんだって解っている。解ってはいるけれど、そこは『怖いもの見たさ』の好奇心が優先してしまい「本物のオオカミって見たこと無かったし・・・。」とおかみさんはドアを開けてしまう!!(ここは妙に共感できる)
オオカミは『石のスープ』を作ってやると言うけれど、『石のスープ』っていったい何?本当にそんなスープがあるの?オオカミは本当にスープを作る気があるの?もうその様子を見ているメンドリのおかみさんも、わたし達読者も、「きっとこのまま普通のスープが出来るわけがない!何かが起きるに違いない!」と固ずを飲んで見守ります。ドキドキ・ハラハラ・・・。
この作品って、一種、演劇の舞台を見てる雰囲気がある。お芝居に仕立てたら、面白いんじゃないかなぁ。
それにしても、この登場人物(動物)達の、一癖も二癖もありそうな目付きったら!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

でてこいミルク!

でてこいミルク!ジェニファー・A・エリクソン 作     オラ・アイタン 絵
絵は、子供の頃、図画の時間に絵を描いている時、せっかくパレットの上で色を作って塗ってたのに、途中で足りなくなって、一生懸命わずかな絵の具を引き伸ばして塗ってる・・・ような感じ。(意味わかる?) つまりベタベタに塗ってないで、ところどころ紙の下地が出てる、風合い。だからこそ、なんか子どもの絵のように純朴で豪快。
話は飛ぶが、うちの夫。大学を休学して、北海道の牧場で半年働いていたことがある。そのせいか、いやに酪農にも詳しいのだが、先日も動物園に行ってキリンを見てる時、『あ~、あの乳、搾ってみたい!』と一言。
やっぱり、おっぱいを搾らなければ、ミルクは出てこないということ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルラルさんのごちそう

ルラルさんのごちそういとうひろし 作  ほるぷ出版
おなじみルラルさんシリーズの第3作目。
しかし、いとうひろしさんの絵って男性ぽくない。シンプルで几帳面な絵。その几帳面さが、ルラルさんにも伝染してるように、流しの上の棚に整然と並んだキャニスターや、食器棚に趣味良く飾られたテーブルウエア達が、ルラルさんを象徴している。几帳面なルラルさんは、もちろん料理の道も極めて、作ろうと思えばすごいご馳走が出来るのに、めったに料理をしない。なぜかと言うと、食べてくれる人がいないから・・・だというが、わたしは案外、台所が汚れるのが嫌だからではないかと踏んでいる。
わたしが独身時代に通った料理教室の先生は、大の片付け下手だった。いつも、その教室(兼自宅)に伺うと、所狭しと台所道具が溢れかえっていた。お鍋に蒸し器、お皿にオーブン。慣れないうちはどこに何があるか解らなかった。が、がである。その料理の腕は素晴らしかった! 美味しかった!
あれから、わたしは、片付け上手が料理上手とは限らない、という変な安心感を持ってしまった。ルラルさんもきっと、味わうことに集中してみたら、気が楽になれたんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クマくんのはちみつぶんぶんケーキ 

クマくんのはちみつぶんぶんケーキ 柳生まち子 作    福音館書店
大好きな柳生まち子さんの、ミニ絵本。 もう1冊『バタつきパンのジャムつきパン』と一緒にシリーズになってます。
柳生さんのイラストは、そのまんまオシャレな雑貨屋さんの雰囲気。 きっとご本人もセンス良く暮らしておられるんだろうなぁ。主人公のクマくんもブタさん親子も今風のカジュアル系の服を着てます。
ブタくんの家の台所なんて、思わず「これよ!」と叫びたくなるような、主婦の憧れのキッチン!『バタつきパンのジャムつきパン』の食事のページもそうなのですが、このクマくん、テーブルウエアの趣味も非常にGood。まったく隙がありません。(笑)
柳生さんの描かれる絵本って、悩みが無いんですよね。絵を楽しむための絵本。テキストは、添え物くらいの気持ちでOKだと思います。
そうそう、この絵本は、お菓子作りのレシピ付きなんで、その趣味のある方、ご参考になさってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)