2006年4月14日 (金)

ながいながいかみのおひめさま

ながいながいかみのおひめさまコーミラー・ラーオーテ 文  ヴァンダナー・ビシュト 絵
木坂 涼 訳   アートン

むかし あるところに 長い長い黒髪のパリニータというお姫さまがいました。ご両親の王様やお后様にとっても娘の黒髪は自慢の髪であり、毎日100人もの召使が彼女の髪を梳かしオイルを塗り、花や宝石で飾り立てました。ところが、その黒髪が重くてパリニータ姫は長く歩くことが叶いませんでした。いつもお城の窓から遠くの山々を見つめるだけでした。そうして姫の18才の誕生日が近付いて来ました。誕生日の前の晩に開かれた祝いのパーティーで王様は姫に、「お客の中から、1番勇敢で1番お金持ちで1番素敵な王子様と結婚するのだ。」と言いました。そこでパリニータ姫は・・・。

「うわー、ついにここまで来たかー」ってのが読後の印象です。
私達世代の女性にとって「プリンセス物語」というのは、どれだけ紆余曲折があっても結局のところ最後の最後で愛する王子様が現れてお姫さまを幸せにしてくれるものだったんですが、この絵本はとうとうそんな次元をも軽やかに超えて行ってしまいました。こうしてみるとホントに目からウロコです。どうして私達はあんなにも「王子様」や「幸せな結婚」に拘らなければならなかったのか。パリニータのように道はいくらでもあったのに。

あとがきで、訳者の木坂涼さんが《・・・この絵本は不思議な魅力にあふれています。書きだすといくつもあるのですが、一つに絞るとしたら、お姫様が途中のページからいなくなってしまうことでしょうか。普通、絵本の主人公は最後の最後まで絵の中にいますよね?ところが途中から、お姫様が消えてしまいます。・・・》という面白い着目点で語られていますが、その珍しい手法さえも暗示的に思えるんです。私達はいくらでも物語の主人公を降りることが出来る。それさえも決して難しいことではない、と。ラプンツェルも、パリニータくらい突き抜けた生き方を選ぶことが出来ていたら、また違った物語を紡げていたのに、と思わされます。

インドの絵本作家さんだけあって、絵もエキゾチックで魅力的です。細部にわたって描き込まれたパリニータの髪のなんと美しいことか。線だけで、こうも艶やかに輝いた髪を表現できるものなんだなーと感嘆。パリニータが消えてしまった後のページも絵の魅力が最後まで薄まらないところも素晴らしいです。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2006年2月16日 (木)

わたしのおふねマギーB

わたしのおふねマギーBアイリーン・ハース 作  内田莉莎子 訳
クェンティン・ブレイクの『みどりの船』の感想を書いてたら、どうしてもこの絵本の感想も書いておきたくなりました。2つの作品に共通するのは「船」。どうして絵本にはこうも「船」が似合うんでしょうか。 それも「空想の船」が。鉄道や飛行機、自動車といった数ある乗り物の中で最もロマンティックなのが船だと思うんです。なにしろこの気忙しい時代において船ほど時間を気にせず旅できるものはありません。ある意味、とても贅沢な乗り物だと言えます。また、道路や線路・滑走路といった人口の道の上も走らない。水の上という自然任せなところも想像を駆り立てられる。そんなわけで、船繋がりのマギーBを久々に開いてみたのでした。

これは おねがいが かなった おはなしです。

あーなんてウットリするような書き出し! 物語の最初にいきなりこの1行が飛び込んでくるんですよ。ホントに堪らないです。これはもう内田莉莎子さんの訳の素晴らしさとも言えます。まるでオルゴールの蓋を開けたような煌びやかな始まり方。あとはもう、ハースの魔法に従って夢の航海に連れ出して貰うのみ。たとえ途中で嵐が来ようとも、それすら期待の内です。

ハースの絵本の何が素晴らしいって、やっぱり「絵」に尽きますよね。スモーキーな水彩画で細部までロマンティックな小物が描き込まれ、とにかく愛らしい。絵本好きな女の子でハースの絵が苦手って人は滅多に(ほとんど?)いないんじゃないでしょうか。表情豊かな子ども達の柔らかい仕草がまるで音楽を奏でるように読み手に語りかけてきます。江國香織さんじゃないけれど、いったんこの絵本を開くと、閉じるのがせつなくなります。

ハースには関係ないのですが、船の上にミカンの木を植えていたり、サウスバードに似た九官鳥が描かれていたりと、もしかして『ワンピース』を描くにあたって尾田っちはこの絵本を見たのかな?などとちょっと想像してしまいました。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005年11月29日 (火)

プーヤ・ライモンディ

たくさんのふしぎ 2005年8月号「プーヤ・ライモンディ」野村哲也 文・写真
たくさんのふしぎ 2005年8月号  福音館書店

ペルーのアンデスの山中に、100年にいちどだけ咲く、プーヤという花があるという。その花を求めてでかけた写真家が、4,000メートルを超す高地で出会った少女アンの家は、なんと、プーヤでできていました。大きな木があたりにないため、プーヤは生活になくてはならない植物だったのです。写真家と少女の家族の心温まる交流の物語。  《 福音館書店解説文より 》

最初は、「100年に1度しか咲かない花」というプーヤへの好奇心から読み始めたんですが、それがいつの間にか、アンデス山中の暮らしぶりの方へ感心が移って行ってました。4000メートルもの高地で、現代のワタシ達からすれば「ほとんど何も無い」ような暮らしを営むアルビーノさん一家。そしてそんな彼らの中にするりと入り込んでいく写真家の中村哲也氏。彼の文章を読みながらいつの間にか思い出していたのは故・星野道夫さんでした。もしかして星野さんに影響を受けて写真家になったのかなぁ・・・。
ワタシが中村さんに好感を持ったくだりは、

見知らぬ家に泊めてもらうとき、ぼくがいつも心がけていることがある。だされた食事は、残さす食べること。食後の洗い物は、かならず自分ですること。

郷に入っては郷に従えという相手を尊重する心は、日本人・外国人に関係なく人間同士の基本のように思う。写真に添えられた文章も淡々としているのに温かい。きっと中村さんも星野さん同様に素敵な写真家さんなんだろうな。これからの活躍にとっても期待してます!
垢を日焼け止めクリーム代わりにするアンデスの人々がいかに乾燥した場所で暮らしているか、中村さんの写真からもその乾いた空気が伝わってくるようです。アルビーノさん一家の顔写真がそれぞれにホントに味わい深い。氷河のトンネルはまるで近未来映画のセットみたい。それにしても、プーヤって「花」というよりも「木」「樹」みたいだよなぁ。いや、むしろサボテン? 1つ1つの花は小さくて可愛らしいけれど、プーヤとしての形状はあまりロマンティックなもんじゃないのがちょっと残念。


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年10月12日 (水)

いすがにげた

いすがにげた森山 京 / 作   スズキコージ / 絵
この作品はポプラ社の「絵本おもちゃ箱」というシリーズの中の1冊なんですが、このシリーズのラインナップを見ると対象年齢はどうやら5~6歳前後ってところのようです。でも、この『いすがにげた』に限って言えば、子どもよりも大人の方が気に入るような気がします。いろんな経験を経た大人にこそ味わえる深みのある絵本。もちろん、動かないハズの椅子が野を越え山を越えして行く様はユーモラスで小さな子どもが読んで貰っても充分に楽しめる内容でもあります。

ある日おばあさんの家から1脚の椅子がなくなってしまいました。いつも軒下に置いている古い椅子です。「あんな古い椅子を持って逃げる人もいないだろうに」とおばあさんが不思議に思っていると、通りかかった猫が「あいつなら逃げてったよ」と教えてくれました。おばあさんはもうびっくりぎょうてん。椅子が自分で逃げるなんて! そこでおばあさんはしぶしぶ椅子を探し始めたのですが・・・。

森山京さんの創作文なのに、スズキコージさんがイラストを描いちゃうともうロシア民話にしか見えないところが凄いです。鍵鼻でギョロ目、腰も少々曲り気味のその容貌はまるで魔女か山姥。最初は逃げ出した椅子をいやいや探していたくせに、なかなか見つからないことに腹を立てヒートアップしていく様は、たとえ椅子じゃなくても逃げ出したくなるよなー、なんてね。しかし民話調の展開もここまで。物語のターニングポイントは、おばあさんと椅子が並んで寝そべって空を眺める場面で訪れます。このシーンはホントに素晴らしいです。大好き。
絵本にはよく「椅子」や「ソファ」が題材として扱われますが、あれはやっぱり、「自分の居場所」みたいなものを象徴してるんでしょうね。「居場所」というか、 《 いても良いんだよ 》 という存在の許諾というか。だからこそおばあさんは、走馬灯のように浮かんだこれまでの思い出に免じて椅子を開放してやろうと決心できたのだとワタシには思えました。自分の人生に納得がいっているからこその決別。
ちょっとネタバレ気味になってしまいましたが、ま、ラストは読んでから味わって貰うってことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 4日 (火)

終わらない夜

終わらない夜ロブ・ゴンサルヴェス/絵  セーラ・L・トムソン/文
金原瑞人/訳   ほるぷ出版

先にロブ・ゴンサルヴェスの描いたイラストを見て、刺激を受けたセーラ・L・トムソンが詩を添え作られた絵本。 つまり作家をもインスパイアしてしまうほどの圧倒的世界がこの絵の中にあるということです。きっとクリス・ヴァン・オールズバーグやデイヴィッド ウィーズナー系が好きな人なら気に入るんじゃないかな。まさに絵本でしか味わえない絵本の醍醐味がたっぷり詰まった作品です。

わたしが好きなページは「夜の飛行」「眠りにつく畑」「白い毛布」のあたり。
「夜の飛行」はうちの子どもたちにもダントツに人気がありました。キルティングのベッドカバーがいつの間にか畑に変わって、寝巻き姿の子どもはその畑の上空をふわりと飛ぶ・・・。 ( こんなことできたらなぁー。 ) という夢がそのまま絵になったような1枚。
それから「眠りにつく畑」はひまわりの擬人化が素晴らしい。向かって左端から3番目の目を伏せてる人物は、まるでクララのお婆様を彷彿とさせる品の良さ。服と同素材の手袋が効いてます。まるでビロードにようなしっとりした緑色が深く美しい。
最後に「白い毛布」。この絵本って「よくこんな空間を想像したなぁ」という絵が揃ってるんですが、中でもこの「白い毛布」は圧巻です。降り積もった雪のなんと温かそうなこと。世界中の雑音を全て飲み込んで創り上げた静けさの中で守られるようにして眠る子ども。いやもう、絵の説明しても仕方ないです。見て貰わねば始まらない。

若干物足りないとしたらそれは、絵があまりにも存在感があり過ぎて詩が少々押され気味なところ。詩は残念ながら「きれいな添え物」程度かなぁ。うーむ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月14日 (水)

やまなしもぎ

やまなしもぎ平野直 再話   大田大八 絵
これからの季節に相応しい作品を選んでみました。

病に臥せる母が「やまなしがたべたい」と洩らしたことで、三人兄弟は山にやまなしを採りに行くことにします。最初は長男。途中出会った老婆の忠告に従わなかった長男は沼の主に飲み込まれてしまいます。帰らぬ長男に次男が行ってみることにします。ところが次男も長男と同じ運命に。残った三男坊も山に分け入って行くのですが・・・

丁度我が家と同じ三人兄弟という家族構成に、いろんな意味で感情移入してしまいました。グリム童話なんかでもそうなんですが、三人兄弟というのは昔話には欠かせないファクターで、そのほとんどが、長男と次男はミッションに失敗し三男坊が成し遂げるというパターンなんですよね。
あまりにも毎度お約束のエンディングに「またか」と思わないでもありませんが、兄弟のうち末っ子が最もしっかりしているということは、きっと民族や歴史を超えて普遍的な決まりごとなんだと思います。それは我が家でも見事に立証されてますから。(笑)
それともう1つ。こうしたお話を子ども達に聞かせてやる場合、末っ子に話を合わせてやるという意味合いもあると思うんです。日頃それでなくても上の子たちに押さえつけられている末っ子に、物語の中でくらい花を持たせてやろうとする計らいなんじゃないかな。これはワタシの見解ですが。

この表紙絵の画像を見ていただいても分かりますが、ホントに素晴らしい装画です。大田さんの絵本画家としてのお仕事には、現代洋画風のタイプもありますが、この『やまなしもぎ』は日本画風の作品。大田さんは、赤羽末吉亡き後の日本画風絵本画家の第一人者だとわたしは思っています。太い線と細い線を上手くミックスさせた柔らかな輪郭で生きものに命を通わせ、余白を生かし色目を押さえたストイックな絵柄で物語をドラマティックに盛り上げていきます。上品で、尚且つ昔話の持つ庶民的な愛嬌もあって、この「やまなしもぎ」は太田さんの代表作の1つだと言えるんじゃないでしょうか。是非、秋の山野の実りと枯れ具合の絶妙な色バランスをご堪能下さい。

参考までに、佐藤忠良作画のこどものとも版もあるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 7日 (水)

ピアノ調律師

ピアノ調律師M.B. ゴフスタイン 作   末盛千枝子 訳

ルーベン・ワインは腕の良いピアノ調律師です。ずっと1人暮らしでしたが、2年前に息子夫婦が事故で他界してしまい、孫娘のデビーを引き取りました。ルーベンは彼女にいづれピアニストになって欲しいと願っていましたが、デビーが本当になりたかったのは、おじいちゃんと同じ調律師でした。身近でおじいちゃんの仕事ぶりを見るたびにその夢はどんどん膨らんでいきます。そんなある日、町に著名なピアノストであるアイザック・リップマンが演奏に訪れて・・・。

物語中ではデビー自身が亡くなった両親のことを悲しむ場面は無いんですが、おじいさんのルーベンは彼女のことをとても不憫に思っているのでしょう、口に出して「可哀相に」とは言わないまでも、その言動の端々で「わたしがデビーを幸せにしてやるんだ」と固く心に決めていることが伺えます。その決心が、デビーの「調律師になりたい」という希望を認めてやれないことの原因になっていることはある意味皮肉なものです。
ルーベンは、デビーには調律師ではなく演奏家になって欲しいと願っています。それはとりもなおさず、調律師という仕事が裏方であり日の目の当らない地味な仕事だと身を持って知っているからです。愛おしい孫娘には、多くの人から認められ愛される仕事に就いて欲しいと願うのは当たり前かもしれません。もしかしたら、ルーベン自身にも心の奥底にちょっぴりそんな願望があるのかも、とわたしには思えました。
しかし、孫娘デビーの意思は若竹のようにしなやかで折れることはありません。未来をまっすぐに見据え、「調律師」という職業に大いなる希望を抱いています。その頑強なことといったら、迷ってばかりの大人たちには眩しいほど。これくらい真っ直ぐに「成りたいもの」を語れるデビーが羨ましい。
そんな彼女の固い意志に、ついにおじいさんは調律師を目指すことを認めます。しかし、それは同時に荊の道でもありました。祖父と孫という間柄だけでなく、これからは親方と弟子という厳しさも必要になってくるのですから。おじいさんが躊躇していたのは、そのあたりの事情もあったかもしれません。
それにしても、こんな小さな頃から生涯の仕事を見つけられてデビーは幸せだなーって思います。将来おじいさんほどの調律師になれなくて苦悩しても、挫折があったとしても、このときの幸福な気持ちが彼女を支えてくれるはずです。

単色でシンプルな線画のおかげで、余計な雑音を排した「静かな」作品に仕上がっています。読みながら、調律作業で鍵盤を1つづつ叩く音や音叉の鳴る音が聴こえてくるような気配さえします。イラストページの後ろが白紙なのも嬉しい。絵の向こう側に活字が透けて見えてしまうと、せっかくの絵を煩くしてしまいますもんね。そういう意味でも、丁寧に創られた絵本です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 1日 (木)

『いわしぐもをつかまえろ』

iwashi垣内磯子/作   市居みか/絵

さかなやさんのネコのミーニャは、ある日店先に並べていたイワシを風でさらわれて空に浮かぶ雲に変られてしまいます。売り物が無くなったミーニャは困って、なんとかイワシを空から取り戻そうとスズメやキリンに取り戻してくれるよう頼みますが、なかなか上手く行きません。そこでキツネが知恵を絞ってステキなあるものを売り物にしてくれました。果たしてミーニャのお店に並んだ商品は・・・。

古本屋さんで見つけたステキな絵本です。残念ながらハードカバーにはなっていませんが、たまにこうした掘り出し物があるので絵本月刊誌は侮れません。表紙からも解かるように、市居みかさんの版画絵がとても良いです。動物達の表情も活き活きとして可笑しいし、イワシが空に舞い上がっていく場面の構図も迫力があります。そして何より色使いが非常に好みなんですよね。くすんだ茶系・緑系のグラデーションの中に、スパイス的に秋の澄み切った空を彷彿とさせるきれいな青色がよく映えてます。ぎこちなくとぼけた線には版画絵ならではの素朴な味わいもあって、こんなつるつるの紙質じゃなく、もっとざらっとしたマットな感じで仕上げたらもっと良いのになーと少々残念に思ってみたり。 ( 紙質に関してはやはり廉価な絵本月刊誌には限界もあるでしょうね )

文章も絵に負けないくらい良い味を出しています。さかなやのくせして店先のさかなをつまみ喰いしてしまうミーニャ、イワシを追いかけてまるで「茶色い矢印のように」飛んで行くスズメ、網を銜えて梯子によじ登るキリン、そしてキツネの妙案。最後にキツネが登場した時は、一般的な昔話のイメージから ( きっとこのキツネったら、イワシを取り戻したあかつきには盗っちゃうに違いないワ ) と想像してたんですが、見事に裏切られました。素晴らしい代案を披露して皆に感謝される姿は、これぞキツネのニューウエイブ。  そしてラスト、物語のオチにもまたウフフと思わせて貰えます。このオチ、好きだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月21日 (木)

おじいちゃんがおばけになったわけ

おじいちゃんがおばけになったわけキム・フォップス・オーカソン 文   エヴァ・エリクソン 絵
菱木晃子 訳    あすなろ書房
エヴァ・エリクソンさんのお馴染み色鉛筆画に惹かれて読んでみました。この人の描く絵は、本当に柔らかい。温かい。穏やか。それでいてユーモアがたっぷりと含まれています。色鉛筆という画材が身近なものだから、読み手も肩の力を抜いてフランクに向き合えます。高尚さはないかもしれないけど、その分、慣れ親しんだ安心感があります。

おじいちゃん子だったエリックは、おじいちゃんの死に目にあえなくてしょんぼり。そんなエリックのもとに、死んだはずのおじいちゃんが夜な夜な訪ねて来るようになりました。おじいちゃんは、この世に何か大きな忘れ物をしたせいで戻って来たというのです。おじいちゃんの忘れ物とはいったい何なんでしょう・・・?

物語としては、ユーレイになったおじいちゃんとエリックの交流という単純で分かり易いものなんですが、わたし的に気になる箇所を1つ。
エリックが「おじいちゃんが毎晩やって来る」と両親に告げたところ、両親はそれをエリックの錯覚・夢だと片付けてしまうんです。おまけに、おじいちゃんが死んじゃったことのショックから立ち直れないのだろうと勝手に結論付けて学校まで休ませてしまうんですよね。この両親の対応はないだろーと思ってしまいました。だって、おじいちゃんは自分たちにとっては「親」ですよ。そしたら、エリック以上に会いたいと思うのではないでしょうか。せっかくエリックが「毎晩来てるよ」って教えてくれたのだから、わたしだったら一緒に会おうとすると思うのだけど。
察するに、この両親はエリックの話を聞く気が無いと言うか、聞く耳を持ってないってことです。どうせ子どもの戯言くらいにしか思えないということは、エリック自身を軽んじてることにも繋がる気がします。そんなだから、エリックがおじいちゃん子になってしまうんだよ、なんて思ってみたり。(そんなに悪い親ではないのですが)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年6月 1日 (水)

『おたまじゃくしのたまーら』

おたまじゃくしのたまーらマイケル・バナード 作   吉田新一 訳   竹山博 絵
絵本には、俳句や短歌のように、季節を味わう楽しみ方があります。その季節ならではの「旬」を織り込んだ絵本を読むと、自分達が今生きている現実の暮らしの中でも、ふと立ち止まって辺りを見回してみたくなります。例えばこの作品も、6月の今だからこそ読んでおきたい1冊なのです。

おたまじゃくしのたまーらは泳ぎが下手で群れから置いてきぼりにされます。優しいドジョウがたまーらの友達になってくれますが、やがてたまーらのからだに2本の足が生えてきて、「足のある生きものが嫌い」なドジョウは去って行ってしまいました。寂しく哀しいたまーらは新しい友達を探しますが、池にはゲンゴロウや水鳥などの危険もいっぱい。そんなある日、たまーらは1匹のカエルと出会うのでした・・・。

何が凄いって、とにかく絵が素晴らしいんです。まるで日本画のよう。掛け軸の定番に鯉や鮒が水辺で泳ぐ柄がありますが、雰囲気はそれに近いです。日本画の持つ清廉さ、繊細さ、簡素さを、この作品で存分に味わうことができるのです。カエルやドジョウ、ゲンゴロウなどの生き物は図鑑顔負けにリアルで、背景の草花や水辺は線や色も柔らかく幻想的ですらあります。この作品の魅力は8割がたこの美しい絵にあるとわたしは確信しています。(表紙画にこっそりリンクを張ってますのでご覧になって見て下さい)

さて肝心の物語は、わたし個人の感想から言わせて貰うなら、「ロマンス」こそ主題のように思われます。見た目がリアルなカエルなので、決して可愛い女の子には見えませんが、たまーらはからだの成長と共にその恋も実らせていきます。二本足が生え尻尾が無くなっていくたまーらの変化が、まるで、思春期の女の子が胸が膨らみ生理が始まっていくようにも読めるのです。やがてたまーらは1匹のとのさまカエルと出会いますが、そのカエルの台詞がまた良い!「しっぽが消えて、君がすっかり大人になったら、またこの水連の葉の上で会おう」と約束するんです。なんかもう、「ニクイよ、このー!」とひやかしてやりたくなるようなキザなことを言って、たまーらのハートを鷲掴み。いやぁ、参りました。(って、絵本読んで悶えてるワタシもどうかと思いますが) たまーらの尻尾はやがて消え、2匹は約束どおり、満月の夜に水連の葉の上で再会します。もちろん、生涯の伴侶となって。あぁ、ロマンティックだなぁ。

  *この作品は「こどものとも」の特製本です。1982年に「こどものとも」として出版されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)